GRAND MENU
メニューを閉じる
  • 奥迫 哲也

ドクターリセラが取り組む環境問題

当社のラジオ番組「水のほほえみ☆ドクターリセラ」での、
私とアシスタントの桑原あずささんとの二人の対談を、書き起こししてご紹介します!

今回は【環境問題】について

音声でお聞きになりたい方は、
「水のほほえみ☆ドクターリセラ」ページでぜひご視聴ください!

 


 

 

奥迫
『こんばんは。ドクターリセラ株式会社社長の奥迫哲也です。』

桑原さん
「パーソナリティの桑原あずさです。

今回は環境問題について、ドクターリセラが考える課題や対策、未来のことなどのお話を届けしていきたいと思います。」

 

 

ドクターリセラが取り組む環境問題

奥迫
『ドクターリセラは自然界の水を強く大切にしています。
化粧水や飲料水も水から作っているため、自然を大切にし、常に感謝の気持ちを持つことを忘れずにいるようにしています。

私のみが意識するのではなく、全社員に同じ気持ちを持ってもらいたいと考えているため、『水の経営』というものをコンセプトにしてドクターリセラの経営をしています。

”水を大切にしたい”、”水が本当にキレイな地球を残していきたい”という意識を社員と一緒に共有し、そこからまた同じような考えを持つ会社が増えていくと嬉しいなと思っています。』

 

桑原さん
「自然を大切にするために、具体的にドクターリセラが考えたり行われたりしていることはありますか。」

奥迫
『まずは今の現実を知るために、社内で1時間「ゼロ・ウェイストPLUS~持続可能な暮らし~」という映画の勉強会をしました。

この映画は、白鳥哲監督が、地球環境のことを多くの方に知ってもらうために作られた映画で、ゴミをゼロにすることを目標に廃棄物を減らす活動の最前線を追ったドキュメンタリーです。

最初はダイバーの方のお話で、ダイバーの方がここ10年で海の環境が本当に変わったということを仰っていました。
その原因は、脱色問題という0.5ミリ以下のマイクロプラスチックが非常に海の中を浮遊し、それを魚が食べて、その魚が食べたものをまた人間が食べるという・・・そのような循環が今起きているんです。
映画のなかで、日本の漁港から、海外に向けて何カ所かで取水をされていたのですが、全部の箇所でプラスチックが検出されていました。

桑原さん
「大半を占めてますね。」

 

奥迫
『そうですね。
私は島根県出身で、島根県は畑や田んぼが各地に広がっていたため、生ゴミは大切な肥料でした。
そのため生ゴミという名前も、本当はゴミではなく資源だということを考えているのですが、都会ではなかなかできないですよね。

私の家では、「コンポスト」を活用しています。

「コンポスト」の中に発酵した土を入れて、その中に生ゴミを入れていくと生ゴミも発酵熟成され、肥料になります。

その肥料を庭の菜園に撒いて、生ゴミが出ないようにしたり、
まずは自分でできることからやっていこうとしているのですが、それを社員にも伝え、どんどん輪のように広がっていって、ゴミの問題が少しでも減少できればと考えています。

桑原さん
生ゴミといっても1つ1つを見るとリンゴの皮だったり、スイカの種だったり、魚の骨や皮だったりするわけですもんね。
1つ1つを見るとゴミではなく、命だったりするわけですもんね。」

 

奥迫
『そうなんです、まさにそうなんです。』

桑原さん
それが肥料になって、命になってまた変わっていくという・・・。
その循環を理解すればみんなが1つずつできることかもしれませんよね。」

奥迫
そうですよね、ゴミが増えるとCO2の問題にもつながりますし、
ゴミの埋め立て地もあと何年後かにはなくなるという土地の問題もあったり・・・。

ゴミは生活していると出るものなのですが、どのように社会全体で取り組んでいくかが重要です。
四国のある町では行政をあげて対策を行い、81%のゴミを削減した町もあったそうです。』

 

桑原さん
すごいですね。
この環境問題について。次回もお伺いできればと思います。ありがとうございました。」

奥迫
『ありがとうございました。』

 

音声でお聞きになりたい方はコチラ⇓
「水のほほえみ☆ドクターリセラ」ページ

SNSSHARE

この記事をシェアする

COLUMNIST
奥迫 哲也
ドクターリセラ
代表取締役社長
奥迫 哲也
TETSUYA OKUSAKO
続きを見る

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

他のコラムニストを探す
奥迫 哲也の記事
奥迫 哲也の記事一覧へ