• 奥迫 協子

水のように生きる

【水】からの類い稀なご縁をいただき、

畏れ多くも
世界的書画家小林芙蓉先生からのお声掛けで
神社本庁もご支援されている

【和合 WAGO】最新版に

小林芙蓉先生と【水・祈り・継承したいこと】について対談を掲載して頂きました。

小林芙蓉先生は世界1050箇所(現在)の聖水を集め、水のエネルギーを墨に込め、
世界平和を祈り、書を揮毫(きごう)
されます。

「私は水の中継者」と芙蓉先生は自身の書籍「水のように生きる」でもあるように、水の意志を中継して書をおろす、

私達も【水】の意志を中継して、
求めてくださる方々にお届けする、

その書から醸し出される水のエネルギーからの【祈り】であり、

私達も水のエネルギーの中継者として【祈り】を込めています。

また、暮らしの中での祈りなど。。
幸せに暮らす為にすぐにでも
実践出来る感動と感激の内容を
5ページに渡ってお話頂きましたので、
よろしければ購読され、更に幸せを手に入れてもらえればと思います。

全国の宮司さま達が愛読されていらっしゃる
【和合】41号最新号はこちらで購入可能です。

https://www.wago-mag.jp/

また、有り難いことに次号からの「和合」に、連載もさせていただくことになりました。

今回お力添え頂きました、映画監督の佐伯様、流水堂の皆さま、みつはの里の皆さま、関係者の皆さまありがとうございました。

〜小林芙蓉(こばやし・ふよう) 先生プロフィール抜粋です〜

幼少時より書の基本を学び、「書は人なり」と して、書を教える際は技術よりも人格形成を重んじ、現在は講演会や揮毫などを通じて独自の哲学を広めている。また、その高い精神 性を慕い、各界に多数のファンをもつ。世界各地で象徴的な書画のデモンストレーションを行ない、ローマ法王にも書を献上。 多くの国で「筆が織りなす日本の心」を広めている。国内では伊勢神宮や天河大辨財天社、高野山金剛峯寺などの全国の神社仏閣にて 書を揮毫・奉納。揮毫の際は世界中の聖地の水で磨った墨を使い、人々の幸せを祈りながら天地人の気を集めて紙 の上に降ろす。その書は水のエネルギーに満ちた癒しの書とも光の書ともいわれ、人種や宗派を超えて深い感動をもたらしている。 長年にわたる国際親善活動が評価され、2015 年中国政府から日本人でただ 1 人「国際優秀文化交流賞」を受賞。同年、韓国政府から も日韓親善の感謝碑を授与される。また、2018 年には弘法大師空海修行の地である中国・西安の大興善寺(中国密教の最高寺院)に て外国人初の書画展を開催した。京都・嵐山で元内閣総理大臣・近衛文麿公の別荘を改築した豆腐懐石料理店「松籟庵」、
大阪能勢の「流水堂」書のギャラリーにても国内外の人々に和の心を伝えている。

 

youtubeでも美容情報をお届けしています!

Kyokochannel

SNSSHARE

この記事をシェアする

COLUMNIST
奥迫 協子
みこころ道
奥迫 協子
KYOKO OKUSAKO
続きを見る

静岡県浜松市出身。

中高一貫女子校に通うが中学2年で最愛の父が他界、以来奨学金とアルバイトで高校卒業後、銀行勤務を経て結婚、2児に恵まれるも30代でシングルマザーとなり補正下着店を経営。
自身の肌悩みにより倒産の危機に陥るが、「肌を改善出来、自分や大切な家族が使い続けられる」という観点から安全で結果の出る天然成分のみの無添加スキンケアを開発。
全国のエステサロンに営業に回る。またテレビショッピングにも出演し1日1億円の売上をも記録するが方向性に疑問を持ち辞退。 現在では全国のエステティシャンから「これがないと困るスキンケア」として支持を得るようになり、スキンケア開発過程で知った化粧品や洗剤などの人体や地球環境への影響や対策を伝え続けている。
今年は還暦の60才を迎え、孫5人を持った現在もノーファンデーションの肌でナチュラルに地球環境にも優しく生きる方法を等身大で伝えるみこころ道、美容会社の取締役としても活動中。

他のコラムニストを探す
奥迫 協子の記事
奥迫 協子の記事一覧へ
美と健康の最先端はリセラテラスから メールマガジン登録
美と健康の最先端はリセラテラスから メールマガジン登録
奥迫協子スペシャルコンテンツ
奥迫協子スペシャルコンテンツ