• #無添加

天然素材と自然素材の違いは?人工的な素材との差や天然素材のメリット

こんにちは!美と健康をサポートするリセラテラスの松本です。

お肌に優しい衣類を選びたいと思ったときに、気になるのが「素材」。

「天然素材」や「自然素材」といった言葉があり、どちらもお肌に優しいイメージがありますが、2つの違いをご存知でしょうか?

今回は天然素材と自然素材の違いについて。

それぞれの素材の特徴や、天然素材のメリットなどもあわせてご紹介します。

ベビー服を着た赤ちゃん

天然素材と自然素材はどう違う?

最近はお肌に優しいものを好まれる方が増え、「天然素材」や「自然素材」といった言葉をよく目にするようになりました。

「自然」は人為的ではないもの、「天然」の人工的ではないものを表すため、若干言葉の意味は違いますが、どちらも「人の手が加わっていない」ということを表している言葉です。

違いとしては「自然」はありのままの状態を表すのに対し、「天然」はありのままの性質を指します。

しかし、衣類や住宅などでよく言われる天然素材と自然素材は、どちらも「自然に存在する素材」であることを意味し、同一の意味として使われている傾向にあります。

衣類に使用される天然素材と言われるものは、主に植物繊維であるコットンやリネンや、動物繊維であるカシミヤやウール、シルクなどが該当します。

近年は住宅にも天然素材や自然素材が注目されており、無垢材など天然の木材の人気も高まっています。

天然素材と化学繊維の違いも知っておこう

色のついた糸

天然素材が自然に存在する素材であるのに対し、化学繊維は人工的に作られた素材のこと。

化学繊維には主に2種類あり、石油系を原料とする「合成繊維」と、木材などを薬品で溶かして作る「再生繊維」があります。

合成繊維はポリエステルやナイロン、アクリル、再生繊維はレーヨンやキュプラなどが該当します。

化学繊維は天然素材にくらべてリーズナブルな上、シワになりにくいなどのメリットがありますが、天然素材にくらべて素材が硬く、吸湿性が低いなどの特徴があるため、肌へ負担がかかる場合もあります。

天然素材ならではのメリットとは?

コットン

天然素材を使った製品のメリットも気になりますよね。

天然素材は天然由来成分から作られるため、肌への負担が少ないというメリットがあります。

吸湿性と保湿性に優れているため、夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことができ、年中快適に過ごすことができるでしょう。

素材も丈夫なため、長く着続けることができるのもうれしいメリットです。

また、天然素材にはいくつか種類があり、それぞれに特徴があります。

代表的な素材は次の通りです。

リネン(麻)

植物の茎で作られる素材。

繊維の中が空洞になっており、さらっとした独特の肌触りが特徴です。

コットン(綿)

木綿植物の種子につく綿花で作られる素材。

繊維の中が空洞になっており、やわらかな肌触りが特徴です。

デリケートな赤ちゃんに向けた肌着などにも使用されます。

シルク(絹)

蚕の繭から取れる素材。

しなやかな肌触りが特徴で、高級衣料などに使用されることが多いです。

ウール(毛)

羊毛から作られる素材。

保温性と吸保湿性に優れ、寒い季節に活躍する素材です。

天然素材と自然素材はどちらも肌に優しい素材

「自然」は人為的ではないもの、「天然」の人工的ではないものを表し、どちらも「人の手が加わっていない」ということを表している言葉です。

衣類や住宅などでよく言われる天然素材と自然素材は、どちらも「自然に存在する素材」であることを意味し、同一の意味として使われている傾向にあります。

リネン(麻)、コットン(綿)、シルク(絹)、ウール(毛)などの天然素材は、天然由来成分から作られるため、肌への負担が少ないというメリットがあります。

肌触りや通気性もよいため、シーズンレスで心地よく着られるのもうれしいポイント。

衣類を選ぶ際は、素材にもぜひ注目してみてくださいね。

SNSSHARE

この記事をシェアする

WRITER
マーケティング部副部長
松本 しのぶ
続きを見る

美容業界歴24年 2013年ドクターリセラ(株)入社。エステティシャン・広報勤務を経て、オウンドメディア【リセラテラス】を立ち上げる。プライベートでは3人のまご馬鹿グランマ。

関連記事