Language

メニューを閉じる
  • #美肌

肌荒れを改善するスキンケアの方法は?化粧品の選び方も解説

こんにちは!美と健康をサポートするリセラテラスの松本です。

肌の赤みや乾燥、ニキビなど、肌が荒れていると気分も落ち込んでしまいますよね。

肌荒れを改善するためには、正しいスキンケア方法や生活習慣、化粧品の選び方を知ることが重要です。

今回は肌荒れに応じたスキンケアについて。

肌荒れの症状別の原因やスキンケアの方法、化粧品の選び方などをご紹介します。

洗顔とスキンケア

肌荒れの症状やそれぞれの原因とは?

「肌荒れ」と一言でいっても、乾燥や赤みなどさまざまな症状があり、症状によって原因が異なります

肌荒れの主な症状と、症状別の原因について見ていきましょう。

乾燥・赤み

肌が乾燥している場合は、肌の水分の蒸発を防ぎ、うるおいを守ってくれるバリア機能が衰えていることが原因と考えられます。

バリア機能が低下すると、紫外線や摩擦、花粉や黄砂といった、外部からの刺激に弱くなってしまうことも。

少しの刺激でかゆみや赤みが出るなど、さらなる肌荒れの原因になります。

ニキビ・吹き出物

思春期のニキビは過剰な皮脂分泌が原因とされ、大人ニキビや吹き出物は栄養バランスの偏り不規則な生活ホルモンバランスの乱れなどが原因である可能性が高いです。

このニキビや吹き出物に関しては「乾燥」が関係していることも多いです。

外気や紫外線に触れたり、エアコンにより湿度が低下したりするなどの外的要因のほか、誤ったスキンケアを続けることによって乾燥することも。

また、マスクを着用する際の着脱による湿度や温度の差摩擦などでバリア機能が低下し、肌荒れにつながることもあるようです。

いずれにしても、肌荒れを改善させるには正しいスキンケアが基本

今行なっているスキンケアが間違っていないか見直すことはとても重要です。

あわせて読みたい

肌荒れを改善するスキンケア方法、見直すべき生活習慣をチェック

化粧ボトル

肌荒れを改善するためには、体の外側と内側からのケアが大切です。

そのためにも、正しいスキンケア生活習慣の見直しを行いましょう。

肌荒れを改善する正しいスキンケア方法

肌がトラブルを抱えているときは、主に肌のバリア機能が低下し、デリケートな状態になっています。

次のように、肌に刺激を与えないスキンケアを心がけましょう。

クレンジング

使用するクレンジング剤は肌に負担が少ないものがおすすめです。

時間をかけすぎたり強くこすったりすると、角層が傷ついてしまうのでNG。

肌に優しくなじませ、汚れが浮いてきたら、水かぬるま湯で肌にクレンジング剤が残らないようにしっかりすすぎます。

リップやマスカラなどのポイントメイクは、クレンジングをたっぷり含ませたコットンや専用のリムーバーを使って摩擦をかけないようにあらかじめ優しく拭き取ってから顔全体のクレンジングを行いましょう。

洗顔

洗顔は朝と晩の1日2回行うのがおすすめです。

洗顔料をたっぷりと泡立てて、泡で肌を包み込むように洗いましょう。

その際、手が肌に触れることがないように泡を転がしながら、刺激をなるべく与えないように優しく洗うことがポイントです。

最後は洗い残しがないように、水かぬるま湯でしっかり洗い流してください。

洗い終わったら、清潔なタオルを肌に軽く押し当てるようにして優しく水分を拭き取ります。

*肌の状況により洗顔料の使用や洗顔回数は調整が必要です。

保湿

洗顔後はすぐに化粧水で肌にしっかりと水分を与え、保湿ジェルやクリームなどでうるおいを守ることが大切です。

化粧水は適量を顔全体になじませ、擦らずハンドプレスで優しく押し込むようにして顔全体になじませます。

乾燥が気になる場所には重ね付けしましょう。

化粧水の後は、保湿ジェルやクリームを適量取って塗り重ねます。

保湿クリームの油分が肌のバリア機能をサポートし、うるおいが逃げないように蓋をします。

スペシャルケア

もっと重点的にケアをするなら、美容液やシートマスク・パックなどスペシャルケアを取り入れましょう。

角質層により多くの水分や美容成分を与え、より効果的に肌の水分を保ちやすくなります。

ただし、ニキビが多いなど肌荒れが悪化しているときには、整肌をメインとしたシンプルなケアがおすすめです。

化粧水や整肌を目的としたジェルを使用したパックでケアしましょう。

化粧水やジェルを冷蔵庫で冷やして使うのもおすすめですよ。

シートマスク・パックは、指定時間以上に放置するのも逆に乾燥してしまうので要注意です。

あわせて読みたい

生活習慣の見直しポイント

肌荒れを改善するためには、食事や生活習慣など体の内側からもケアすることが大切です。

生活習慣で見直すべきポイントをチェックしましょう。

食事

肌の細胞は食事から摂取した栄養によって、健康状態を維持します。

さまざまな食材を摂り、バランスの良い食事を心がけましょう。

肌荒れには、タンパク質を中心にビタミンや食物繊維など美肌をつくる栄養素を含んだ食べ物がおすすめ。

特に、レモンやキウイなどに含まれるビタミンCや、ニンジンやカボチャなどに含まれるβカロテンは肌を健やかに保つ作用があるので、積極的に摂取しましょう。

睡眠

肌は、睡眠中にターンオーバーを行うことで、日中に受けたダメージを修復します。

そのため、肌荒れの予防・改善には質の高い睡眠を十分な時間確保することが必須。

毎日同じ時間帯に6時間以上眠るよう心がけましょう。

さらに、睡眠を高めるためには、寝室の環境を整え、寝つきを良くすることを心がけましょう。

アロマオイルを活用したり、照明をダウンさせたりすることで、快適な睡眠環境を作ることができます。

また、寝るときの服装に締めつけのある下着などは避け、寝る前に体をリラックスさせるストレッチやヨガをするのも効果的です。

あわせて読みたい

運動

ストレスも肌荒れの原因の一つといわれています。

ストレスを解消するために、ウォーキングやヨガなど軽めの運動習慣を取り入れるのもおすすめです。

あわせて読みたい
あわせて読みたい

肌荒れしている肌におすすめの化粧品

スキンケア

肌荒れをしているときは、次のような肌に刺激を与えない化粧品の使用がおすすめです。

肌に摩擦や刺激を与えないクレンジング&洗顔

肌荒れには摩擦は厳禁

クレンジングや洗顔料は、優しく洗うことができるものを選びましょう。

石油系由来の界面活性剤を配合しているものや洗浄力が強めのものの中には、刺激になりやすい場合があるので避けるのがおすすめ。

天然由来の界面活性剤が配合されているもの、敏感肌用や低刺激のもの、保湿効果のあるものを選びましょう。

ピュアモイスチャー フォーム」は、乾燥肌や敏感肌の方、お子さまにも優しい※泡洗顔料です。

プッシュすればキメの細かい濃密な泡が使えるので、時間がない方泡立てが面倒に感じる方でも手間なく使うことができますよ。

※自社製品と比較

うるおいを保つ保湿剤

肌がトラブルを抱えているときには、保湿をしっかり行い、肌のうるおいを保つことが大切。

化粧水のあとは、天然の美容成分など保湿成分をたっぷり配合した保湿剤で、肌をしっかり保護しましょう。

敏感肌の方も使いやすい肌に優しい保湿剤でおすすめなのが「センシティブジェル」。

天然成分が保湿力を高め、荒れた肌にしっかりうるおいを与えて保護する保湿ジェルです。

敏感肌用の化粧品

敏感肌用の化粧品は刺激が少ないため、肌が刺激を感じやすいときにも安心して使用できます

敏感肌向けの低刺激の保湿化粧品で、肌をいたわりながらしっかり保湿しましょう。

特に合成香料の中には、敏感肌の方にとって肌トラブルやアレルギーの原因になってしまうものもあります。

ご自身の肌に合わない合成香料が使用されていないかどうかしっかりチェックして選ぶことも大切です。

なおドクターリセラでは、香りは全て植物由来のものを厳選して使用しています。

無添加の化粧品

肌荒れが起こる原因には、アレルギーやホルモンバランスの乱れも関係しているため、添加物が入った化粧品はさらに肌荒れを悪化させる恐れがあります。

そこでおすすめなのが無添加の化粧品

無添加の化粧品とは、主に石油系合成界面活性剤、防腐剤(パラベン)、合成香料や合成着色料、鉱物油、旧表示指定成分などの特定成分を配合していない化粧品を指すことが多いです。

ドクターリセラのブランド「AQUA VENUS(アクアヴィーナス)」は、上記のような肌に必要ないものを配合せずナチュラル成分のみで作られたピュアな化粧品です。
スキンケアアイテムはもちろん、日焼け止めやサプリメントなども取り扱っているので、必要なものを選んでみてくださいね。

あわせて読みたい

肌荒れには正しいスキンケアを!

乾燥や赤み、ニキビや吹き出物といった肌荒れには原因があるため、その原因を探って予防と対策を講じることが重要です。

肌荒れを改善するためには、正しいスキンケア生活習慣の見直しを行い、体の外側と内側からケアすることが大切。

優しくクレンジングや洗顔を行なったり、保湿をしっかり行なったりと、肌に刺激を与えないスキンケアを心がけましょう。

また、6時間以上の質の良い睡眠や軽い運動などを取り入れるなど、規則正しい生活習慣も美肌には欠かせません。

肌の状態に合わせてスキンケアアイテムを変えるのも大切です。

クレンジングや洗顔料は肌に摩擦や刺激を与えないもの、保湿剤はしっかりとうるおいを保てるものを選びましょう。

また、敏感肌用の化粧品や無添加の化粧品を選ぶのもポイントです。

ドクターリセラでは、肌に優しい無添加化粧品※を多数取り扱っています。

お一人おひとりの肌のお悩みに優しく寄り添い、肌を健やかに導くアイテムを多数ラインナップしておりますので、ぜひチェックしてみてください。

※ 石油系合成界面活性剤、パラベン(防腐剤)含む旧表示指定成分、合成香料、合成着色料、鉱物油不使用

あわせて読みたい
SNSSHARE

この記事をシェアする

WRITER
マーケティング部副部長
松本 しのぶ

美容業界歴24年 2013年ドクターリセラ(株)入社。直営エステ事業部・広報部・品質保証部を経て、現マーケティング部にて【公式HP】【リセラテラス】を運営。プライベートは5人のまごのグランマ。

ホットキーワード
関連記事
美と健康の最先端はリセラテラスから メールマガジン登録
美と健康の最先端はリセラテラスから メールマガジン登録