Language

メニューを閉じる
  • #無添加

セスキ炭酸ソーダの洗濯はおすすめ!メリットや効果大な洗い方をご紹介

こんにちは!美と健康をサポートするリセラテラスの松本です。

環境にやさしい自然由来の洗剤として注目されている、セスキ炭酸ソーダ

油汚れの掃除に便利な洗剤として有名ですが、実は洗濯にも​活用できるのです。

お肌に優しい自然由来のセスキ炭酸ソーダで洗濯できたら、お肌の​弱い方にも​嬉しいですよね!

今回はセスキ炭酸ソーダでの洗濯の効果をはじめ、メリットや実際の使い方、使う時の注意点などをご紹介します!

洗濯機

セスキ炭酸ソーダとは?洗濯に使う効果やメリットをご紹介

住まいの掃除に便利なセスキ炭酸ソーダ。

洗濯に使用しても衣類の汚れが落ちるのか、気になりますよね。

セスキ炭酸ソーダとはどんなものなのか、洗濯に使う効果やメリットなどとともに紹介していきます。

セスキ炭酸ソーダとはどんなもの?

セスキ炭酸ソーダとは、環境や人体に優しい天然成分でできた、自然由来の洗剤です。

セスキ炭酸ソーダはアルカリ性なので、酸性の汚れを落としやすくする働きと、タンパク質を分解する働きがあるのが特徴。

キッチンの油汚れをはじめ、衣類の襟や袖についた皮脂汚れ、血液による汚れ、手アカなどの汚れを落とすのに適しています。

また、酸性の嫌なにおいを中和する働きもあるので、消臭剤としても利用できます

セスキ炭酸ソーダと重曹の違い

同じ自然由来の洗剤といえば重曹が有名ですが、セスキ炭酸ソーダとなにが違うのでしょうか。

セスキ炭酸ソーダの方が重曹よりアルカリ性の濃度が高いため、洗浄力があります

キッチン周りの油汚れにはセスキ炭酸ソーダを使うと重曹より汚れが落ちやすいでしょう。

また、セスキ炭酸ソーダの方が水に溶けやすい性質がありますが、一方で重曹は水に溶けにくいという性質があります。

そのため​、​水に溶かしてスプレーの容器に入れて使用することも可能なので、さまざまなシーンのお掃除に活躍しますよ。

洗濯に使用する際も、重曹ではなく水に溶けやすいセスキ炭酸ソーダがおすすめです。

なお、セスキ炭酸ソーダはいつも使用している洗剤との併用が可能。

洗濯時は洗剤と一緒にセスキ炭酸ソーダを洗濯機に入れて、通常どおり洗います。

しかし、重曹は水に溶けにくいぶん粒が残るため、研磨剤としても使うことができ、鍋の焦げ付きや、こびりついた汚れを落としやすくしてくれます。

セスキ炭酸ソーダと重曹は、汚れの度合いや場所によって使い分けるといいでしょう

セスキ炭酸ソーダを洗濯に使う効果やメリット

セスキ炭酸ソーダを使うメリットについても見ていきましょう。

環境や人体にやさしい

セスキ炭酸ソーダは自然由来のため、肌が弱い方や、赤ちゃんにもおすすめです。

また、成分がシンプルなので、一般的な合成洗剤より、環境負荷が少ないといわれています。

界面活性剤が入っていないため泡が立たないので、何度もすすぎをする必要がなく、環境にもお財布に優しい洗剤といえるでしょう。

酸性の汚れを落としてくれる

アルカリ性のセスキ炭酸ソーダは、衣類の襟や袖についた黒い皮脂汚れなど酸性の汚れに強く、シャツの黄ばみも防してくれます

また、セスキ炭酸ソーダはタンパク質を分解する作用もあるため、衣類についた皮脂や汗などのニオイの消臭効果もありますよ。

洗濯槽の汚れ防止

毎日洗濯していると洗濯槽の汚れが気になりますよね。

セスキ炭酸ソーダを普段の洗濯に取り入れると、洗濯槽の​汚れ防止につながります

これは、一般的な洗剤と違って、セスキ炭酸ソーダの成分は洗濯機の中に残りにくく、カビや雑菌のエサにならないから。

洗濯槽のにおいも気にならなくなりますよ。

あわせて読みたい

セスキ炭酸ソーダを使った効果的な洗濯方法も詳しく解説!

タオルと洗濯バサミ

セスキ炭酸ソーダの洗浄力は、一般的な洗濯洗剤より弱いですが、肌や環境に優しく、皮脂や汗など酸性の汚れを綺麗に落とすなど、さまざまなメリットがあります。

日々の​軽い汚れには十分効果がありますよ。

セスキ炭酸ソーダを使った基本的な洗濯の手順をご紹介しましょう。

洗濯機の場合

  1. 洗濯機にセスキ炭酸ソーダを入れる(水30​L対してセスキ炭酸ソーダ大さじ1〜2)
  2. 洗濯物と水を入れて、「洗い」モードでセスキ炭酸ソーダがとけるまで1分程度かき混ぜる
  3. 一時停止して3時間から一晩程度つけ置きし、汚れを浮かせたら洗濯機を3分ほどまわす
  4. すすぎと脱水をそれぞれ一回ずつ行い完了

衣類をふんわりさせたいときは、すすぎの際にクエン酸を小さじ1〜2ほど入れると良いでしょう。

いつも使っている洗濯洗剤と併用してもOKです。

洗濯機にいつも使っている洗剤を少なめに入れて、セスキ炭酸ソーダを水30Lに対し大さじ1混ぜたら、通常どおり洗います。

セスキ炭酸ソーダが皮脂汚れなどをアルカリで分解し、洗浄力がアップしますよ。

手洗いの場合

ひどい汚れに​は、つけ置き洗いがおすすめです。

  1. 洗面器に30度くらいのぬるま湯1Lにセスキ炭酸ソーダ小さじ2〜3程度を入れて溶かす
  2. 洗濯物を1時間以上セスキ炭酸ソーダ水につけ置きし、汚れを浮かせる。とくに汚れが気になる部分がしっかり浸かるように注意する
  3. もみ洗いし、お湯で軽く流す
  4. 洗濯機で通常通り洗濯をする

血液汚れもつけ置き洗いで簡単に落とすことができます。

ただし、血液は熱い湯で洗うと落ちにくくなるので、30度以下のぬるま湯か水でつけ置き洗いするのがおすすめです。

部分汚れには、セスキ炭酸ソーダスプレーをかけてしばらく放置し、通常の洗濯をすると汚れが落ちやすくなりますよ。

セスキ炭酸ソーダスプレーは、水100mlにセスキ炭酸ソーダ1gを混ぜて作れます。

1週間程度を目安に使い切るようにして下さいね。

セスキ炭酸ソーダを使って洗濯するときの注意点もチェック

洗剤を多めに入れた方が汚れ落ちがいいと思いがちですが、セスキ炭酸ソーダは入れすぎるとベタついたり、においが強くなったりするので注意しましょう。

また、セスキ炭酸ソーダは​アルカリ性でタンパク質を分解する働きがあるので、長時間素手で使い続けると手が荒れてしまいます

肌が弱い人はゴム手袋をつけると安心ですよ。

色落ちする衣類は、長時間のつけ置き洗いは避けましょう。

事前に見えない部分で色落ちの確認をしてから使用すると安心です。

ウールなど、セスキ炭酸ソーダの洗濯に適していない素材もありますので、使う前に必ず確認して下さいね。

なお、セスキ炭酸ソーダは酸性の汚れやタンパク質の汚れを落とすのは得意ですが、口紅などのがんこな油汚れ、靴下などの泥汚れは不得意です。

そのような汚れは専用の洗剤を使って落としましょう。

セスキ炭酸ソーダで環境にやさしい洗濯を

セスキ炭酸ソーダは自然由来で環境にやさしい、アルカリ性の洗剤です。

酸性の汚れや、タンパク質の汚れを落としやすくする働きがあり、キッチンなどの油汚れ、衣類の皮脂汚れ、血液による汚れ、手垢汚れを落とすのに適しています。

セスキ炭酸ソーダは洗濯時にも使用できます。

自然由来の洗剤なので、肌の弱い方や赤ちゃんにもおすすめですよ。

また、洗濯機でつけ置き洗いすることで、襟や袖の黒い皮脂汚れや血液汚れを落としやすくしてくれる他に、洗濯槽の汚れ防止にもなります。

いつもの洗剤と併用するだけでも洗浄力がアップし、毎日の洗濯がパワーアップしますよ。

セスキ炭酸ソーダの特徴を活かしながら、環境を汚染する心配も少ない洗剤なので、ぜひ毎日の洗濯に活用してみて下さいね。

ドクターリセラが手がける、暮らしに寄り添ったブランド「cocochia(ここちあ)」でも、地球環境にやさしいナチュラルな洗剤「セスキ炭酸ソーダ」を取り扱っています。

普段の洗濯に加えていただくと、汚れやにおいに対して、より良い効果が期待できますよ!

セスキ炭酸ソーダ水(水100 mlに対し、セスキ炭酸ソーダ1g)を作って、住まいの掃除にもぜひご活用下さい。

SNSSHARE

この記事をシェアする

WRITER
マーケティング部副部長
松本 しのぶ

美容業界歴24年 2013年ドクターリセラ(株)入社。直営エステ事業部・広報部・品質保証部を経て、現マーケティング部にて【公式HP】【リセラテラス】を運営。プライベートは3人のまごのグランマ。

ホットキーワード
関連記事

過去の記事

美と健康の最先端はリセラテラスから メールマガジン登録
美と健康の最先端はリセラテラスから メールマガジン登録