• 松本 しのぶ

美肌への第一歩はクレンジングから

毎日のスキンケアで欠かせないのが【クレンジング】です。

メイクを落とすのはもちろん、一日活動して出てきた余分な皮脂や汚れを落とすのにとても大切で、
美肌を手に入れるためには、大切な【クレンジング】ですが、疲れた日や忙しい日は適当になっていませんか?

どんなに優れた、化粧水や美容液をお持ちでも
その効果をしっかり感じるためにも、クレンジングで余分なものを落とすことがとても重要です。

クレンジングのポイント1
〈ポイントメイクは先に落とす〉
目元、口元のポイントメイクは、お顔全体にクレンジングを広げる前に落としておきましょう。
コットンを一度濡らして硬く絞り、
そこにクレンジングを少し乗せて目元と口元をオフしましょう。
まつげエクステなどで落ちにくい場合は、コットンのほかに綿棒も活用してみください。

クレンジングのポイント2
〈絶対にこすらない〉
クレンジングが終わった後、お肌が赤くなっていたり、乾燥する場合
クレンジングの量が少なくて摩擦が加わっている可能性があります。
クレンジングは500円玉大2個分の大きさを手のひらにとり、両手であたためてからお顔に乗せます。
(適切な量は使用しているクレンジングで違いますので確認してくださいね)

お顔にのせたら、力を加えず指と手のひらを使ってやさしく円を描くように馴染ませます。
目の周辺や鼻など細かいところは、力が入りにくい薬指を使うと圧がかかりにくく、やさしく落とせます。

クレンジングは長時間やれば良いというものではありません。
その日の、お肌の状態に合わせながら行ってくださいね。

クレンジングを洗い流すときは、シャワーの水圧を直接顔に当てる人はいませんか?

これは絶対にダメです!
お肌にシャワーの水圧でトラブルが出ている原因になっていることが多々あります。

必ず手ですくって、こすらずお顔にかけるようにしましょう。
お湯の温度はぬるま湯(体温より低いくらい)がオススメです。
熱すぎるお湯はお肌の乾燥を招く原因になります。

しっかりとすすいで洗い流した後は、ふわふわの泡で洗顔をしましょう。

お肌のトラブルが気になる場合は、
一度クレンジングを見直してみてくださいね。

SNSSHARE

この記事をシェアする

COLUMNIST
松本 しのぶ
マーケティング部
松本 しのぶ
SHINOBU MATSUMOTO
続きを見る

ドクターリセラ(株)マーケティング部
リセラテラス統括

10代で結婚後、シングルマザーとして2人の娘を育て現在は孫3人を溺愛中の40代働くグランマ。

【経歴】
・補正下着販売会社入社1年目に関西支社販売第2位。
・最年少で店舗責任者就任
・大手エステテックサロン勤務
・トータルビューティーサロンでマネージャーとして勤務
・2013年ドクターリセラ株式会社入社
・入社10か月で直営サロンのお役立ちを2倍の1000万円へ導く
・直営サロン全体スーパーバイザーになり全店舗年間目標達成

2017年:ドクターリセラ(株)自社メディア・リセラテラス立ち上げる。

他のコラムニストを探す
松本 しのぶの記事
松本 しのぶの記事一覧へ