GRAND MENU
メニューを閉じる
  • #美容テク

エステとリラクゼーションの違いは?目的や代表的な施術例も紹介

こんにちは!美と健康をサポートするリセラテラスの松本です。

皆さんは体のケアや癒しのために、エステやリラクゼーションに行くことはありますか?

どちらも自分磨きを目的としたりリラックスしたりするために行くことが多いですが、実はこの2つは目的や内容が異なるサービスなんです。

そこで今回は、エステとリラクゼーションの違いについてご紹介します。

エステとリラクゼーションの違いは施術の目的にある!

マッサージという観点で見るとあまり違いがなさそうな「エステ」と「リラクゼーション」ですが、実はさまざまな違いがあります。

エステは「美しくなりたい」や「若々しくいたい」という願いを叶えるため、美容目的で行う施術のことを指します。

そのため、ただ施術を受けに行くのではなく、自分に合った施術を選ぶことが大切です。

一方、リラクゼーションは「リラックス効果」「癒し」を目的としています。

コリを解消したり自律神経の乱れを整えたり、病気ではない不調を緩和させる効果が期待できます。

このように、エステとリラクゼーションには訪れる目的の違いがあります。

ただし、実際には癒やされるためにエステに通っている人もいますし、ダイエットを目的としたリラクゼーションも珍しくありません。

あくまで一般的な定義として違いがあるということを理解しておきましょう。

エステとリラクゼーションの施術者の資格に違いはある?

一般的に、エステティックサロンで働いている人のことを「エステティシャン」、リラクゼーションサロンで働いている人のことを「セラピスト」と呼びます。

この2つの職業には資格の違いがあるのでしょうか。

実は、どちらの場合も専門の国家資格は必要ありません。

しかし給与や会社からの待遇に影響する民間資格は多く存在するため、資格を取得している方も多いです。

また、エステティシャンとセラピストでは、持っている知識や経験に大きな違いがあります。

エステティシャンの場合は、専門の製品や美容機器を用いることが多く、方法や使い方を熟知しているスタッフが多いです。

一方のセラピストは、ヒーリングミュージックや心理療法、リンパマッサージの知識や経験が豊富です。

エステとリラクゼーションには、サロンで働くスタッフの違いもあるということです。

あわせて読みたい

エステティックサロンでの代表的な施術例をご紹介

エステは「美」へのアプローチを基本とし、リラクゼーションはメンタルも含め「体の内面」にも美容効果が期待できる方法です。

まずは、エステティックサロンの代表的な施術例を見ていきましょう。

マッサージ・痩身

エステティックサロンでのマッサージは、シワやたるみの改善や老廃物を除去することで血行やリンパの流れを促し、体型や肌の状態を理想的なものへと戻していくことを目的としています。

シワ、セルライトの除去、小顔、リンパマッサージ、痩身などを目的としたものがほとんど。

エステティックサロンによって得意としている部位が異なり、自分の気になる部分を集中的に施術できるのがメリットです。

フェイシャルケア・美顔

機械やハンドマッサージなどの手法で、さまざまな肌トラブルをケアしたり、個々の肌の状態に合わせた施術を行います。

マッサージと同様、自分の悩みに合わせた施術を選べるのがメリットといえるでしょう。

美容効果のある成分をたっぷり含んだパックを使って、乾燥肌対策やシミ、そばかす、たるみなどから肌を整える施術もあります。

スクラブ、ラップ、パック

塩や海藻といった、自然でミネラルを多く含むものを用いて作られたクリームやジェルを利用してお肌をパックします。

古い角質を落とし、浸透力をアップさせる効果が期待できます。

リラックス効果を高めるアロマを取り入れているクリームも多く、癒しを求めている人にはピッタリの施術です。

脱毛

マッサージとは異なりますが、ムダ毛のケアを目的とした施術を行うサロンもあります。

エステティックサロンはさまざまなメニューを取り扱っているお店も多いですが、脱毛の場合は専門のサロンであることが多いです。

ワックス脱毛やレーザー脱毛、ニードル式の脱毛(電子針による脱毛方法)などさまざまな種類があります。

リラクゼーションサロンでの代表的な施術例をご紹介

リラクゼーションはリラックス効果や癒しを目的に行われるため、自然音などのリラックス効果のある音楽を利用したヒーリングなどにこだわっていることが多いです。

リラクゼーションサロンの代表的な施術例を見ていきましょう。

マッサージ

エステティックサロン同様、リラクゼーションサロンでもマッサージメニューが用意されていることが多いです。

ただし、リラクゼーションサロンの場合は痩身というより、筋肉を和らげて体をリラックスさせることを目的とした施術を行います。

トリートメントやアロマオイル、ロミロミ、リフレクソロジー、タイ古式マッサージ、スウェーデン式マッサージなど、施設によってさまざまな種類のマッサージがあるのが魅力です。

ホットストーン

50~60℃に温められた天然の石を使用した施術です。

遠赤外線の力で体の芯にまでゆっくりと熱が伝わることで、筋肉の緊張を緩和する効果や冷え性の改善肩こりや腰痛などの緩和に効果が期待できます。

エステとリラクゼーションの違いを知って使い分けよう

あまり違いのないように感じる「エステ」と「リラクゼーション」。

エステティックサロンは外見を美しく保つため、リラクゼーションサロンは癒やしやリラックス効果を求めるためと、実は施術の目的が異なります。

ただし、最近はセラピストの知識を有したエステティックサロンもたくさんあります。

予約する前に、サロンのコンセプトや施術内容をチェックし、自分に合った施術を選ぶようにしましょう。

自分だけでなく人を美しくすることにも興味がある方は、ぜひドクターリセラのエステティックスクール、リセラアカデミーで学んでみてください。

リセラアカデミーでは、施術技術から接客まで学べ、美のプロとしてスキル向上を目指せます。

認定やディプロマ(修了証書)も取得できるので、その後のキャリアに活かすことができますよ!

あわせて読みたい
SNSSHARE

この記事をシェアする

WRITER
マーケティング部副部長
松本 しのぶ

美容業界歴24年 2013年ドクターリセラ(株)入社。直営エステ事業部・広報部・品質保証部を経て、現マーケティング部にて【公式HP】【リセラテラス】を運営。プライベートは3人のまごのグランマ。

ホットキーワード
関連記事

過去の記事

美と健康の最先端はリセラテラスから メールマガジン登録
美と健康の最先端はリセラテラスから メールマガジン登録