• 松本 しのぶ

【限定インタビュー】Salon de Kai 甲斐 めぐみ先生

自分のことをメチャメチャ大好きになってもらいたい!欠点を美点に。

▷Salon de Kai様の詳しい情報はこちらから

 

ドクターリセラ主催の大会において、受賞歴多数の【Salon de Kai】様。
エステにしかできない「心の癒し」を追求し、
サロンに通われるお客様が自分自身を大好きになっていただくために日々お客様と向き合っていらっしゃいます。

今回は甲斐先生にインタビューしてきました。

甲斐先生が考える、エステティックサロンの在り方を教えてください。

甲斐先生:
私の考えるエステティックサロンの在り方は、
「心」をほぐしていき、最高の笑顔を引き出すことだと思っています。

エステにくるお客様が求めていることは2つあります。
1つめは肌トラブルや身体的な悩みのケア、2つめは「心の癒し」です。

小さい頃、誰かに頭を撫でてもらったり、背中を撫でてもらったりするだけで、
心の中が満たされていく経験をしたと思います。

エステを通して「触れる」ことで相手の悩みのケアはもちろん、
自分のことを一番大好きになってもらうことを使命として考えています。

エステティシャンとして大切にされていることを教えてください。

甲斐先生:
私たちの心の在り方を大切に考えています。

技術や知識はエステティシャンとして当たり前のこと、
それよりもお客様をお迎えする私たちの心の在り方を大切に考えています。

例えば、「みる」の場合だと3つあります。”見る”⇒”観る”⇒”看る”

ただ相手を見るのではなく、興味を持ち観察する。
それはお客様のお肌の状態や、声のテンションなどを見極めることです。
そして、看るは手と目をしっかり使って、相手の心をほぐすことです。

エステティシャンは肌や身体の悩みをケアすると同時に、
お客様の心のケアまで含んでお手入れすることが、エステティシャンの役割だと考えています。

お客様へのこだわりを教えてください。

甲斐先生:
お客様には、サロンでのお手入れの時間のみでなく、
ご自宅でケアされている時間もワクワクしながら取り組んでいただけるように心掛けています。

そのためにお客様には、ご自身のなりたい自分を明確にしてもらうようにしています。

”いつまでに、どんな自分になりたいか?”を明確にし、
悩みと向き合っていただくことで
一日も早い未来を目指して頑張っていただけるようにしております。

私も、そのお客様の”なりたい自分”に近づけられるよう、
時には厳しく、悩みを解決するために必要なことは、お客様に率直にお伝えしております。

 

お肌のケアを通して心をほぐし、お客様のなりたい自分を目指して寄り添う甲斐先生。
確かなお肌知識と、心からのリラックスを求められる方は是非足を運んでみてください。

バナー

SNSSHARE

この記事をシェアする

COLUMNIST
松本 しのぶ
マーケティング部
松本 しのぶ
SHINOBU MATSUMOTO
続きを見る

ドクターリセラ(株)マーケティング部
リセラテラス統括

10代で結婚後、シングルマザーとして2人の娘を育て現在は孫3人を溺愛中の40代働くグランマ。

【経歴】
・補正下着販売会社入社1年目に関西支社販売第2位。
・最年少で店舗責任者就任
・大手エステテックサロン勤務
・トータルビューティーサロンでマネージャーとして勤務
・2013年ドクターリセラ株式会社入社
・入社10か月で直営サロンのお役立ちを2倍の1000万円へ導く
・直営サロン全体スーパーバイザーになり全店舗年間目標達成

2017年:ドクターリセラ(株)自社メディア・リセラテラス立ち上げる。

他のコラムニストを探す
松本 しのぶの記事
松本 しのぶの記事一覧へ