きれいな肌は、
人生まで美しく豊かにします。

今から約20年前、ドクターリセラの化粧品事業がスタート。
当時、私の肌はシミやニキビが多く、それを隠すためにコンシーラーを1週間で使い切ってしまうほどでした。
常に他人の視線が気になり、人と目を合わせるのも躊躇するくらい自分に自信のない、内向的な生き方をしていました。
そんな時、「肌に不要なものを使わない化粧品がないものか?」と夢を語る奥迫哲也と出逢い、その想いに強く共感。
そして、ドクターリセラの立ち上げに参加し、試行錯誤の末、私たちの化粧品が完成しました。
ボロボロだった私の肌は、みるみるうちに変わり、性格も生き方も変わっていったのです。

「安全」と「結果」にこだわることが、
ドクターリセラの基本です。

「高い化粧品を使っていても、肌がきれいにならないのはなぜだろう?」。私たちはそこに疑問を感じていました。
そして化粧品をつくる工場を何軒も見学して、化粧品には肌に不要なものがたくさん入っていて、 一般的に有用成分と呼ばれるものは、ほんの少ししか配合されていないことを知ったのです。
「これでは肌がきれいになるはずがない」とショックを受けました。
自分が使うのはもちろん、「大切な人も安心して使い続けられる化粧品をつくりたい」。
その一心で、肌に不要な成分は使わず、肌にとって必要な成分だけを高濃度に配合して「安全に結果を出す」ことに何よりもこだわってきました。