ドクターリセラの考え方

新しい美肌を育む。

企業名であるDr.recellaの中にある
re=再生 cell=細胞」。
本来の肌力を目覚めさせ、力強く美を育むという
ミッションへ。

※「Re cell」は企業名に含まれるブランドコンセプトです。

2001年発売以来、揺るぎない
「こだわり」から
生み出された
「ドクターリセラのお約束」

「安全」と「結果」を追求し続ける
ドクターリセラ製品のこだわり

「石油系合成界面活性剤 」「パラベン(防腐剤)を含む旧表示指定成分 」「合成香料」「合成着色料」「鉱物油」を
一切使用せず、 沖縄海洋深層水「α Gri-X(アルファグリックス)」をベースに、多種多様な自然由来の美容成分を使用し、
ブランド毎にドクターリセラ独自のこだわりをかたちにした製品づくりをおこなっています。
ドクターリセラが長年培ったReCell(再生細胞)の理念と理論に基づき、美しい肌へ導くことを使命とし、
ひとりでも多くのお客様が化粧品を通して肌も人生も輝けるお手伝いができるよう日々努めています。

石油系合成界面
活性剤は使わない。
人にも地球にも優しく。

界面活性剤自体は人体にも存在し、大変優れた機能を持っており、決して悪いものではありません。
肝心なのは界面活性剤の種類です。
ドクターリセラ株式会社は、石油系のものは一切排除し、石油系合成界面活性剤を使用しない製品づくりをしています。
石油系合成界面活性剤を使用しない製品は、肌にやさしい製品であると同時に、自然環境にもやさしい製品でもあります。
ドクターリセラ株式会社は自然の恵みに感謝し、平和な地球を守る(Save the earth peace)を合言葉に、
安全で結果のでる製品づくりを目指しています。

無添加へのこだわりと追求

何をもって「無添加」というか、
会社によって基準が違います。

「無添加化粧品」というのが世の中に多く出回っています。
無添加というと”肌に優しい”というイメージをもたれている方は多いと思います。
しかし、「無添加」の基準をご存知の方は少ないのではないでしょうか。
現在、日本において「無添加」と表記するにあたっての明確なルールや規定、基準というのは設けられておらず、
とても曖昧な状態です。よって化粧品会社ごとに、何をもって「無添加」と謳っているのかは様々です。

「無添加」選びで大切なのは
配合成分を見極めること。

例えば、石油系合成界面活性剤や、着色料を配合していない製品、これらはどちらも「無添加化粧品」として謳うことが可能です。 だからこそ、何を入れていないから「無添加」と言っているのか、それを見極めることが大切です。
しかし、聞いたことのないカタカナが並んでいて、どれが良い成分で悪い成分なのかわかりにくい場合があります。
さらに、成分表示は企業により表現が異なる場合もあり、見分けがつかないこともあります。
そこで製造者側は、どんな成分を使っていて、何を使っていないのかをわかりやすく伝えることが大切です。

ドクターリセラは、できる限り
成分をわかりやすくお伝えします。

ドクターリセラでは肌に負担がかかると言われている「石油系合成界面活性剤 」、「パラベン(防腐剤)を含む旧表示指定成分 」、 「合成香料」「合成着色料」「鉱物油」を一切配合しません。
また、できる限り成分をわかりやすくお伝えするように取り組んでいます。

※カタログには全成分表記をしています。

役員の想い

人生を変えるスキンケアをはじめましょう。 人生を変えるスキンケアをはじめましょう。