Language

メニューを閉じる

エステティックサロンは集客が重要!集客のコツやツールを解説

  • お客様数アップ

こんにちは!ドクターリセラでエステティシャンへのお役立ち情報を発信する大林です。

エステティックサロンを営業していくためには、集客が大変重要です。

効率的に集客するには、ターゲットに合わせた集客方法を考える必要があります。

今回のコラムでは、エステティックサロンの集客のコツを解説!

エステティックサロンの集客がうまくいかない原因を確認した上で、自分のサロンではどんな集客方法が適しているのか考えてみましょう。

事務作業をする女性

エステティックサロンの集客がうまくいかない原因とは?

なかなかお客様が来てくれない…」と、集客に悩んでいませんか?

集客の施策を考える際に、まずは集客がうまくいかない原因を考えましょう。

新規集客が少ない場合、主な原因は広告・告知がうまくいっていないことが考えられます。

以下のような点に思い当たることはないでしょうか。

  • 広告・告知が足りない
  • 魅力的な広告・告知内容に見えない
  • ターゲットに合った広告を出せていない
  • 競合サロンとの差別化を図れていない
  • お客様目線に立ててない

新規客に来てもらうためには、まずお店の存在や魅力を知ってもらわないと始まりません。

一方、リピーター集客が少ない場合は、来店した際の顧客満足度が低いことが考えられます。

例えば、以下のような点です。

  • 施術の内容や技術がニーズに応えられていない
  • 価格設定がターゲットに合っていない
  • スタッフの対応が良くない
  • お客様とうまくコミュニケーションがとれていない
  • リピートして通いたいと思えるサービスや環境が提供できていない

施術内容や技術についての見直しも必要ですが、リピーターを獲得するには接客対応も重要です。

丁寧な対応をしていても、専門用語が多く説明がわかりにくかったり、ヒアリング不足によりニーズに応えられていなかったりすると、「また来よう」と思ってもらうことは難しいです。

また、数多くのエステティックサロンがある中、特色をうまく出せていないなど差別化を図れていなかったり、繰り返し通うことでのメリットが感じられないと、リピーターの獲得につながりません。

集客をしようと考えたとき、新規集客の獲得に意識が行きがちですが、リピーターが増えることで、客単価が上がったり、物販品の購入率が上がったり、売上が安定する効果もあるので、こちらも重視するべきでしょう。

エステティックサロンの集客のコツ・集客方法を徹底解説!

では、どのようにして集客を増やしていけば良いのでしょうか。

集客するコツや具体的な集客の方法をご紹介していきます。

エステティックサロンの集客を増やす4つのコツ

自店の新規客・リピーターを増やすためには、以下の4つを検討してみましょう。

①ターゲットを絞る

ターゲットを定めていないと、広告を打ち出しても響きにくく、他店との差別化も難しいです。

まずは「このようなお客様に来てほしい」というペルソナ設定から始めましょう。

ペルソナとは実在する人物のように設定した顧客像で、年齢・性別・職業・収入・結婚の有無・家族構成・抱えている悩み・利用しているSNSなど、具体的に定めます

ペルソナを定めるには、サロンがあるエリアの客層も重要です。

繁華街なのかビジネス街なのか、閑静な住宅街なのかでも需要が異なるので、立地に合わせたターゲットを絞ります。

ターゲットを絞ったら、設定に基づいて、お店のコーディネートや施術メニュー、サービス内容を決めていきましょう。

②自店の強みを明確にする

他店と差別化を図り集客するためには、設定の人物にどんなサービスを提供したいか、どんな方法で満足してもらえるかも考慮しつつ、自店が得意とする施術や、自信を持ってアピールできる点など強みを考えることも重要です。

お客様にアンケートをとって、ニーズの高かった施術をメインに打ち出してみるのも良いでしょう。

③接客や技術力に力を入れる

言葉遣いや丁寧な動作、立ち居振る舞いなど、基本的な接客を徹底することはもちろん、スタッフ同士で施術メニューやシステムのわかりやすい説明・ニーズの探り方を共有することで、接客力が高まり、リピーターの獲得につながります。

そのためには、ヒアリングの内容をある程度決めておいたり、ロールプレイングを行うことなどが効果的です。

技術力を高めるための講習や練習も定期的に行うと良いでしょう

④競合店との差別化を図る

たくさんのエステティックサロンがある中、他店との違いを打ち出せなければ、新規客の興味を引いたり、繰り返し通ってもらうことが難しいです。

周辺エリアの競合店を必ずリサーチし、他店にはないサービスや施術メニュー、効果的な価格や営業時間、メインで打ち出す内容などを定めましょう。

エステティックサロンの集客方法

次に具体的にどう集客をしていけば良いか、集客のツール・方法をご紹介していきます。

チラシ

折り込みチラシやポスティングチラシ、街頭配布などの方法があります。

昔ながらのアナログな広告方法ですが、エリアを絞って広告を出せるのがメリットです。

また、インターネット検索などとは違い、受動的な広告なので、何もアクションを起こしていないお客様に対してもチラシを投函してアピールできます。

ホームページ、ブログ

今は、知りたい情報はなんでもスマートフォンで気軽に検索する時代です。

お客様が求める情報を手軽に入手できるよう、ホームページブログを作成しておきましょう。

サロンの住所や営業時間、サービス内容、価格のほか、雰囲気が伝わりやすいように店舗内の写真やスタッフ紹介などもあると良いでしょう。

Web広告・SEO対策

リスティング広告(検索エンジンの検索結果に連動して掲載される広告)を打ち出したり、自店のサイトを検索上位に表示させるSEO対策を行えば、多くの人に知ってもらえますし、エリアや興味の対象を絞ってピンポイントのターゲットにアピールできます。

閲覧者の傾向も掴みやすいので、今後の広告の出し方やサロンの方向性を検討する際にも参考にできるでしょう。

SNS

若者層は検索エンジンではなくSNSで調べものをする人も多いため、有効な広告方法です。

掲載できる情報量は限られていますが、リアルタイムに情報発信ができ、拡散による効果の拡大を狙えるメリットもあります。

施術の様子で興味を促したり、DMやコメントのやり取りをしてコミュニケーションをとったり、いただいた口コミを拡散して人気のサロンであることをアピールしたり、さまざまな方法が可能です。

美容ポータルサイト

同様の業種を集めて紹介しているポータルサイトへ掲載する方法もあります。

エステティックサロンを探している人が閲覧するので、見込み客の目に止まりやすいことがメリットです。

ほかのお店と同列で比較されるので、差別化が重要になります。

紹介

友人間での紹介や口コミも重要な集客方法の一つです。

友人から紹介されたサロンは信頼性があるので、来店へのハードルが下がるでしょう。

友人を紹介してくれたら特典を付けるなどして、紹介するきっかけをつくりましょう。

ターゲットに合わせたエステティックサロンの集客のコツとは?

お客様の肌を見るエステティシャン

集客や広告の方法をご紹介しましたが、効果的な集客には定めたターゲットや年齢層に合わせた集客方法をとることが重要です。

具体的に定めたターゲットや年齢層ごとに、どんな施術やサービスを求めているか、どのようなアピールが効きそうか、しっかり考えてから広告を打ち出したり、ホームページやSNSで更新する内容を決めましょう。

また、新規のお客様が来てくれなければ、リピート客にもつながりません。

新規客の集客には、ご紹介したチラシやWeb広告、ホームページ、ブログ、SNS、美容ポータルサイトなどで、場所・施術メニューの内容・施術の効果・料金が明確にわかるようにしたり、エステティシャンについての情報も詳しく載せると効果的です。

期間限定メニュー季節に合わせたメニューを設けるのも興味を引くでしょう。

ブログやSNSはこまめに更新するほど目に留まりやすいので、定期的にアップすると集客につながりやすいです。

新規集客を進めた上でリピーター集客を増やすには、顧客満足度を上げる取り組みが重要といえます。

まずはカウンセリングを重視してニーズに応えられるよう徹底し、顧客ごとにカルテを作成して基本情報・来店回数・施術内容・来店時の会話内容・趣味や興味の傾向などを記録しましょう。

そのほか、技術や接客技術を上げるのはもちろん、施術後に次回の来店予約をとる、ポイントカードを発行するリピーター割引を設ける、お礼状やDMを送る、といった施策も効果があります。

満足度が高いお店は誰かに紹介したくなるものですから、「友人を紹介してくれたら次回割引」などの特典を付けて、紹介するきっかけをつくるのもおすすめです。

全国3,203店舗※のエステティックサロンに取扱いいただいている「ドクターリセラ」では、1対1でのオンライン相談会も随時実施しています!

集客や経営に関するお悩みなどは、まずはお気軽にお問い合わせください。

オンライン相談会バナー

※2024年2月末時点

エステティックサロン集客のコツは目的やターゲットに合った広告を出すこと

エステティックサロンでうまく集客ができない原因には、広告・告知がうまくいっていないこと、顧客満足度が低いことが挙げられます。

まずは、自店で足りない部分を知ることが重要です。

集客の方法はさまざまありますが、効果的に集客するためには「ターゲットを絞る」「自店の強みを明確にする」「接客や技術力に力を入れる」「競合店との差別化を図る」といった方法を試してみると良いでしょう。

さらに、目的やターゲットにあった広告を打ち出すことが大切です。

新規集客を目指すならチラシやWeb広告、ポータルサイト、SNSなどが有効。

ターゲットの設定を踏まえて広告方法を選び、打ち出す内容を考えましょう。

リピーター集客には、サロン内での取り組みを強化して顧客満足度を上げることが重要。

接客や技術力を磨くのはもちろん、次回予約の案内やお礼状・DMを送るといった心遣いもリピートにつながります。

ドクターリセラならではのサポート体制や製品については、ぜひお問い合わせください。

化粧品を通してサロン経営をサポートいたします。

大林 百恵

筆者紹介

2015年からエステティシャンを勤め、これまで500名以上のお客様にカウンセリング・施術を行う。
その経験を活かし、全国のドクターリセラ導入サロンの立ち上げ支援・技術指導を担当。
約360件の取扱いサロンの運営をサポートする。
現在ではドクターリセラ直営サロンの運営アドバイザーとして活躍。