• #ダイエット

赤身肉がダイエットに効果的な理由は?おすすめ部位や成功のコツも

こんにちは!美と健康をサポートするリセライーツの五十嵐です。

経験したことがある人も多いであろう、ダイエット

ダイエットすると決意する理由は人それぞれだと思いますが、皆さんどんな内容のダイエットをしてきましたか?

多くの人は糖質を控えたり野菜中心の生活をしたり、夜ご飯を抜きにしたりなどといったことがメインかもしれません。

しかしダイエットでは赤身肉をとることこそが大切なのです。

お肉でダイエットなんて意外だと思うかもしれませんね。

今回は、なぜダイエットに赤身肉が必要なのか、効果的な赤身肉の摂り方などについて紹介します。

赤身肉

なぜ赤身肉がダイエットに効果的なのか

昔はお肉を食べたら太ると考えられていました。

しかし最近では赤身肉は、脂肪燃焼効果がある長寿食として取り上げられています。

赤身肉がダイエットに効果的な理由について見ていきましょう。

高たんぱく

肉は筋肉の材料となる重要なタンパク資源です。

食べれば筋肉が付きやすくなり、代謝アップにもつながるため、痩せやすい身体を作ることができるのです。

お肉を食べないと、動物性たんぱく質が不足して筋肉が減ってしまい、基礎代謝が下がることで太りやすくなります。

また、お肉を食べない人には甘いものを食べ過ぎる傾向が見られます。

たんぱく質が不足することで、エネルギーに変わるものがほしくなり甘いものを食べたいという欲求が増えるためです。

赤身肉を食べることで腹持ちも良くなり、自然と甘いものを食べたいという欲求が抑えられます。

低カロリー

お肉はカロリーが高いというイメージがあるかもしれませんが、部位をきちんと選んで赤身肉を食べるようにすると、低カロリーな食事になります。

赤身肉の中でも、ヒレやモモや皮無しの鶏肉を選ぶとカロリーを抑えることができます。

ただし、お肉は部位によってかなりカロリーが違ってくるので、それぞれの部位のカロリーを知ることが大切です。

特に牛バラ肉やサーロインは高カロリーで脂身も多いので、カロリーを気にする人は注意しましょう。

L-カルニチンが豊富

L-カルニチンは食事で摂取した脂肪を細胞内のエネルギー工場であるミトコンドリアへ運び、エネルギーに変えやすくする性質を持っている成分。

羊肉・レバー・牛の赤身肉に豊富に含まれています。

効率よく脂肪を燃焼させることができるので、太りにくい身体作りに役立ちます。

L-カルニチンをさらに効果的に活かすには、適度な運動を続けることで筋肉量を増やすことがポイント。

そうするとミトコンドリアの数が増え、相乗効果が期待できると考えられます。

赤身肉をダイエットに効果的に活かす方法

赤身肉

ダイエットに赤身肉を活かすための具体的な方法についてご紹介します。

おすすめの食べ方や部位、食べる量やタイミングなどをチェックしてくださいね!

食べ方やおすすめの部位

赤身肉を食べる時には、焼肉やステーキなどのようになるべく原型に近い状態で食べることが重要になってきます。

また、食べる順番はいきなりお肉から食べるのではなく、野菜から食べましょう

ダイエットに向いているおすすめの部位は、牛モモステーキ用肉、牛モモ焼き肉用肉、豚ヒレ肉、豚モモ薄切り肉などです。

牛モモステーキ用肉は脂身が少ない部位で、厚切りにカットされているため食べ応えがあります。

厚切りのため食べる際は咀嚼回数が多くなり満腹感があるので、ダイエットに向いているといえるでしょう。

牛もも薄切り肉も脂身が少なく、野菜を巻いて食べるなど調理の幅が広がります。

牛もも焼肉用は程よい噛み応えがあり、満足感を得られます。

豚ヒレ肉は脂身が少なく、きめ細かく柔らかい部位です。

さっと火を通してソテーなどの料理にも使えます。

豚もも薄切り肉は豚赤身の代表的な部位で、どんな料理にも活用できるのが特徴です。

また、部位ではありませんがビーフジャーキーもダイエット向きの食材です。

牛もも肉を味付けして燻製にしたもので、常温保存ができるので、小腹が空いたときに食べるのもいいですね。

食べる量やタイミング

手のひら1枚分の赤身の牛肉か豚肉を、1日1回食べるのが効果的。

食べる量は自分の手のひらの大きさ分の量が目安です。

食べる時間帯はお昼がベスト。

これは午後に長い時間動くためです。

ただ、必ずお昼に食べなければいけないというわけではなく、夜でも問題はありません。

赤身肉ダイエット成功のコツは野菜や薬味と合わせること

赤身肉はダイエットには向いていますが、消化が良いわけではありません。

しかし生の野菜や薬味をちょい足しして組み合わせることで消化が促され、ダイエット効果がアップします。

そこでおすすめの生野菜と薬味を紹介します。

  • にんにく・わさび
  • おろししょうが
  • おろし大根
  • ピクルス
  • クレソン

ぜひ、これらの食材を肉と一緒に食べましょう。

赤身肉でダイエットを成功させよう!

ダイエットをする際は、高たんぱくで栄養価が高く、脂肪を燃焼させる効果があるL-カルニチンも豊富で、かつ低カロリーな赤身肉がおすすめです。

赤身肉ダイエットでは、手のひら1枚分の赤身の牛肉か豚肉を1日1回食べましょう。

ステーキや焼き肉など、赤身肉をそのまま食べられる調理法がおすすめです。

脂身が少なく食べ応えがある牛モモステーキ用肉、牛モモ焼き肉用肉、豚ヒレ肉、豚モモ薄切り肉などの部位を選ぶようにしましょう。

ダイエットの際は赤身肉単体で食べるのではなく、生野菜や薬味と一緒に食べると消化が促され、さらに効果的です。

ぜひ試してみて下さい。

リセライーツではニュージーランド産のプレミアム牧草牛を販売しています。

栄養価の高い牧草だけを食べて運動量も豊富な牧草牛は、牛の体に脂肪が蓄積しにくく、肉自体が赤身に仕上がって低カロリーかつ低脂肪です。

脂のしつこさが少なく、胃がもたれにくいのも嬉しいポイント。

ぜひ一度ご賞味ください!

SNSSHARE

この記事をシェアする

WRITER
リセライーツ 総料理長
五十嵐 健吾

幼少の頃、自身がアトピーを経験。この20年間で飲食店に来店するお客様のアレルギーと健康被害が年々増えてきていると感じ、食の安全性と栄養について改めて学ぶ。現在は栄養をベースにした食品を開発中。

ホットキーワード
関連記事

過去の記事

美と健康の最先端はリセラテラスから メールマガジン登録
美と健康の最先端はリセラテラスから メールマガジン登録