GRAND MENU
メニューを閉じる
  • #化粧品

レチノールとは?美肌効果や化粧品の選び方・使い方をご紹介

こんにちは!美と健康をサポートするリセラテラスの松本です。

「レチノール」はシワやたるみニキビやシミなど、さまざまな肌悩みのケアに適した注目の美容成分。

レチノール配合の化粧品も多く販売されているので、気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、レチノール配合化粧品の選び方や使い方をご紹介!

知っておきたい成分の特徴や注意点も詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

レチノールとはどんな成分?

レチノールとは、ビタミンAの一種で、小ジワや肌質のケアをしたい方に向いている成分です。

肌のうるおいを保つヒアルロン酸の生成にアプローチしたり、みずみずしい肌を保つ効果や、コラーゲンやエラスチンの生成にもアプローチし、乾燥による小ジワを目立たなくすることハリや弾力に関するケアもすることができます。

また、ターンオーバーをサポートする働きも。

あらゆる肌トラブルに悩む肌のケアができ、肌の細胞※に働きかけることで皮膚の機能にもアプローチできる美容成分なのです。

同じビタミンAの仲間には、肌に与える影響や効果が強いため、医薬品として皮膚科やクリニックなどの医療機関でのみ処方される「トレチノイン」や、刺激が穏やかで市販の化粧品にも配合される「パルミチン酸レチノール」などの種類があります。

※角質層まで

あわせて読みたい

レチノールがもたらす肌への効果とは?

レチノールが肌にもたらす効果として、主に次のような効果が期待できます。

シワやたるみのケア

肌はコラーゲンやエラスチンが加齢によって減少することで、シワやたるみが目立つようになります。

レチノールは、コラーゲンやエラスチンの生成をサポートする​働きがあり、肌のハリや弾力へのアプローチシワやたるみのケアが可能です。

シミのケア

レチノールは一定の周期で肌が生まれ変わるターンオーバーをサポートし、シミの原因であるメラニン色素にアプローチする働きがあります。

そのため、シミへのケアも可能です。

毛穴のたるみや開きのケア

肌は加齢や紫外線によるダメージによってハリが失われて肌がたるみ毛穴が引っ張られてたるみ毛穴になってしまいます。

レチノールにはコラーゲンの生成をサポートする働きがあるので、毛穴の開きをケアすることもできます。

また、皮脂の分泌を整える働きで、毛穴の詰まりや黒ずみ、開き毛穴による肌トラブルの予防効果も期待できます。

ニキビなどの肌トラブルを防ぐ

レチノールには肌荒れを防ぐ効果があるため、ニキビなどの肌トラブルを抑えてくれる効果が期待できます。

また、皮脂の分泌を正常に整える働きがあるため、ニキビの原因となる毛穴詰まりのケアができ、ニキビなどの皮脂トラブルができにくい肌に整えてくれるでしょう。

しかし、レチノールはさまざまな効果が高い反面、皮むけや赤み、乾燥などの反応が出やすい成分でもあります。

これは「レチノイド反応」といい、ビタミンAが不足している肌に急にたくさんのビタミンAを補給した時に起こる反応のこと。

肌がビタミンAに慣れるに従い自然に治ってくることがほとんどですが、レチノールが高濃度であるほどレチノイド反応は強くなり、使い初めに起こることが多いので、使用には注意が必要です。

使用時は必ず専門家の指導の下で相談しながら使うようにしてくださいね。

レチノール配合化粧品の選び方と使い方をチェック

レチノール配合化粧品は​先ほど述べた通り、通常のスキンケアと同じように使用すると肌への刺激になることもあるため、自分に合ったアイテムの選び方や正しい使い方を知ることがとても大切です。

レチノール配合化粧品の選び方のポイントと正しい使い方を​ご紹介します​。

レチノール配合化粧品の選び方

レチノール化粧品を選ぶポイントは、肌の状態や肌質に合った​種類や濃度のものを選ぶこと。

化粧品に配合されているレチノールは主に、「レチノール」「パルミチン酸レチノール」「酢酸レチノール」の3種類。

初めてレチノールを使う方や敏感肌の方は、パルミチン酸レチノールなどの穏やかな成分から試してみることをおすすめします。

また、レチノールの配合濃度にも注目してみましょう。

初めてレチノールを使う方は濃度の低いものから選ぶと良いですよ。

慣れてきたら高濃度のものへステップアップしていくのが理想です。

レチノール配合化粧品の使い方

初めてレチノールを使う場合は、3〜4日に1度の使用で様子を見ながら少しずつ慣らしていきましょう。

初めは、目のまわりや口のまわりといった刺激を感じやすい部分は避けてぬり、他の部分で様子を見てから取り入れると良いでしょう。

また、生理前などの肌が敏感なときは避け、肌のコンディションが良いときに始めることをおすすめします。

レチノールは​肌のターンオーバーをサポートするため、肌が乾燥しやすく紫外線による影響も受けやすくなっています

日中は必ず日焼け止めを使用し、保湿ケアも行いましょう。

レチノール配合化粧品は、製品によって濃度や吸収率にばらつきがあり一概に判断できないため、多くの皮膚科医が妊娠・授乳中の方には使用を控えるよう指導しています。

このように、間違った使い方をすると肌トラブルや健康被害につながる可能性がありますので、必ず使用方法を守って専門家の指導の下で使ってくださいね。

レチノールなどの美容成分を配合した「ADS」シリーズ

「ADS(アドバイザー・ドクター・システム)」は、石油系の成分やパラベン(防腐剤)は一切使わず、レチノールやハイドロキノンなどの有効成分を高濃度※1に配合したドクターリセラのスキンケアブランド。

(リセラ顧問ドクター※2とサロンの連携によりよい選択とケアを提供)

肌に必要な成分を高濃度※2に配合しているため、専門知識を身につけ、資格を取得したスキン・フィットネス・カウンセラーがいるサロンでのみ、カウンセリングを行った上で購入することができます。

スキン・フィットネス・カウンセラーが一人ひとりの肌の状態に最も合う製品をセレクトし、使う量や頻度などのお手入れ方法をご提案

定期的にサロンに通っていただき、肌の状態を定期的にチェック。

自宅とサロンでのダブルケアで肌トラブルのケアや、肌本来の力を目覚めさせます。

ドクターリセラの「ADS」シリーズの中から、あらゆる肌トラブルにアプローチし、お肌本来の美しさを引き出すレチノール配合の美容液をご紹介致します。

プロレチノ

整肌成分であるWレチノール(ビタミンA)配合の美容液。

肌に活力を与え、内から押し返すようなハリ肌を育みます。

スーパープロレチノ

整肌成分であるトリプルレチノール配合の美容クリーム。

うるおいによる透明感とハリのある素肌を目指します。

※1自社調べ

※2<ドクターリセラ顧問ドクター>

宮原 誠 医師

米国にて美容医療の最先端を学び、日本で数多くの症例を手掛け、ドクターリセラADSシリーズの開発に携わり、日本の美容医療とエステを融合させた第一人者。

  • 慶應義塾大学医学部卒業
  • 社団法人日本皮膚科学会会員
  • 日本東洋医学会専門医
  • 日本泌尿器科学会専門医

レチノールとはビタミンAの一種!正しく使って肌への効果を実感しよう

レチノールは、シワやシミなど、あらゆる肌トラブルのケアができるビタミンAの一種。

レチノールには主に次のような4つの効果が期待できます

  • シワやたるみのケア
  • シミのケア
  • 毛穴のたるみや開きのケア
  • ニキビなどの肌トラブルを防ぐ

しかし、レチノールは効果が高い反面、皮むけや赤みなどの「レチノイド反応」が出やすく、使用には注意が必要です。

初めてレチノールを使用する方は、パルミチン酸などの穏やかな成分のレチノールや、配合濃度が低いレチノールから試してたり、3〜4日に1度の使用から少しずつ慣らしていくことをお勧めします。

紫外線対策や保湿はしっかりとしてくださいね。

ビタミンA配合の美容クリームは、ドクターリセラのADSシリーズ「プロレチノ」「 スーパープロレチノ」がおすすめ。

ADS取扱サロンにて、スキン・フィットネス・カウンセラー指導のもとでご購入、ご使用くださいね。

正しく使うと効果が高いレチノール。

レチノール配合化粧品をスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

ドクターリセラでは、肌に優しい無添加化粧品※を多数取り扱っています。

お一人おひとりの肌のお悩みに優しく寄り添い、肌を健やかに導くアイテムをラインナップしています。

レチノール配合のスキンケア製品もご用意していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

※石油系合成界面活性剤、パラベン(防腐剤)含む旧表示指定成分、合成香料、合成着色料、鉱物油不使用

あわせて読みたい
SNSSHARE

この記事をシェアする

WRITER
マーケティング部副部長
松本 しのぶ

美容業界歴24年 2013年ドクターリセラ(株)入社。直営エステ事業部・広報部・品質保証部を経て、現マーケティング部にて【公式HP】【リセラテラス】を運営。プライベートは3人のまごのグランマ。

ホットキーワード
関連記事

過去の記事

美と健康の最先端はリセラテラスから メールマガジン登録
美と健康の最先端はリセラテラスから メールマガジン登録