Language

メニューを閉じる
  • #化粧品

無添加シャンプーとは?特徴や選び方、おすすめアイテムをチェック!

こんにちは!美と健康をサポートするリセラテラスの松本です。

頭皮トラブルなどでお悩みの方の中には、無添加シャンプーが気になっているという方も多いのではないでしょうか。

無添加シャンプーと聞くと負担が少ないイメージがありますが、本当に負担が少ないのか、どんなものを無添加シャンプーと定義するのかがわからないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、無添加シャンプーについて解説します

無添加シャンプーとはどんなものかということから、選び方のポイント、ドクターリセラでおすすめの無添加シャンプーもご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

シャンプー

無添加シャンプーとは?無添加シャンプーを選ぶメリットも

無添加シャンプーには、実は明確な定義や決まりはありません。

各メーカーが、独自に表示できます。

そのため、無添加シャンプーであっても、商品によって成分が全く異なるということも多いのです。

一般的に、無添加のシャンプーは石油系合成界面活性剤、防腐剤(パラベン)、合成香料や合成着色料、鉱物油、旧表示指定成分といった特定成分を配合していないシャンプーを指すことが多いです。

無添加ではなく、「○○フリー」や「低刺激」と表示するケースもあります。

中でも洗剤や石けんなどで洗浄力を上げる際に使われることがある石油系合成界面活性剤は、肌に刺激を与えることもあるといわれているため、注意が必要な成分。

石油系合成界面活性剤の中でも、特に「ラウリル硫酸ナトリウム」は刺激が強いといわれているので、シャンプーを選ぶ際に成分表示をチェックしてみてくださいね。

あわせて読みたい

無添加シャンプーを選ぶメリット

無添加シャンプーを選ぶ大きなメリットは、肌トラブルの予防や頭皮トラブルの原因の見直しにつながること。

特に頭皮にお悩みがある方は、刺激の少ない無添加シャンプーを選ぶことで、症状が落ち着く可能性があります。

例えば、頭皮の乾燥やかゆみ、フケなどのお悩みは、シャンプーに含まれる刺激の強い成分が原因となっていることも多いです。

また、そのような刺激の強い成分は、顔や背中など、頭皮以外の肌トラブルの原因にも。

顔や背中などにニキビができやすかったり、乾燥しやすかったり…というお悩みがある方は、日頃のスキンケアに加え、シャンプーの見直しも行なってみましょう。

あわせて読みたい

無添加シャンプーの選び方のポイント

無添加シャンプーの定義がメーカーや商品によって異なるため、どのように選んだら良いか迷いますよね。

選び方のポイントとしては、「自分に合わない成分を知ること」です。

刺激になる成分は人によって異なるため、どの成分が自分には刺激になるのかということを知ることが大切です。

また、髪や頭皮の状態によっても、合う・合わないが出てくることもあります。

季節によって乾燥して刺激を受けやすいということもあるので、そのときどきの状態に合ったものを選びたいですね。

ここからは、悩みや状態に合わせた選び方のポイントをご紹介します。

無添加や○○フリー、低刺激…などの表示のヒントに加え、次のような成分をチェックしてみてください。

ボリューム不足に悩んでいるならノンシリコンシャンプー

シリコンはまとまりを良くしてくれる効果があるため、髪のボリュームを抑えたい方向きの成分です。

そのため、ボリュームを出したいときにはノンシリコンシャンプーがおすすめですよ。

頭皮の乾燥が気になるなら保湿成分配合のシャンプー

頭皮が乾燥すると刺激を受けやすくなるため、バリア機能を高めてくれる保湿成分が入ったシャンプーが良いでしょう。

かゆみやフケ、においは悩みに合う成分を配合したシャンプー

また、頭皮に気になる悩みがある場合は、それに合わせた成分を選ぶのがポイントです。

例えば、かゆみでお悩みであれば抗炎症成分としての(グリチルリチン酸などがおすすめです。

おすすめの無添加シャンプーやコンディショナーをご紹介!

ドクターリセラのおすすめの無添加シャンプーをご紹介します。

ヘアソープ

ヘアソープ

ヘアソープは、潤いを与えながらやさしく汚れを取り去る髪と地肌に優しいシャンプーです。

α Gri-X® (整肌成分)をベースにヤシの天然洗浄成分を配合し、ノンシリコンでさっぱりとした洗い上がりが特長です。

ヘアコンディショナー

ヘアコンディショナー

ヘアソープとのライン使いをするのにおすすめなのが、α Gri-X®(整肌成分)を基材としたヘアコンディショナーです。

良質なタンパク質を補給することで、ダメージにも負けない美しい髪を目指します

傷んだキューティクルを補修して髪にコシとハリを与えてくれるため、枝毛・切れ毛の防止にもつながります。

無添加シャンプーとは髪や頭皮に刺激が少ないシャンプーのこと

無添加シャンプーとは、髪や頭皮に刺激を与える成分が配合されていないシャンプーのことです。

ただし、無添加シャンプーの定義はないため、メーカーが独自に「無添加」の基準をつくっているのが実状です。

一般的に、石油系合成界面活性剤、防腐剤(パラベン)、合成香料や合成着色料、鉱物油、旧表示指定成分といった特定成分を配合していないシャンプーを無添加シャンプーとよぶことが多いです。

上記で挙げたような特定成分が使われていないものを選ぶのも、選び方のポイントの一つですよ。

洗浄成分が穏やかなアミノ酸系シャンプーや、頭皮のバリア機能を高めて刺激を受けにくくしてくれる保湿成分配合のシャンプーなど、髪や頭皮の状態に合ったものを選ぶと良いでしょう。

無添加※化粧品を手がけるドクターリセラでは、無添加※シャンプー・コンディショナーも取り扱っています。

頭皮だけでなく、顔や背中など肌の状態が気になるなら、シャンプーやコンディショナーの選び方にも注意してみましょう。

※石油系合成界面活性剤、パラベン(防腐剤)含む旧表示指定成分、合成香料、合成着色料、鉱物油不使用

あわせて読みたい
SNSSHARE

この記事をシェアする

WRITER
マーケティング部副部長
松本 しのぶ

美容業界歴24年 2013年ドクターリセラ(株)入社。直営エステ事業部・広報部・品質保証部を経て、現マーケティング部にて【公式HP】【リセラテラス】を運営。プライベートは5人のまごのグランマ。

ホットキーワード
関連記事

過去の記事

美と健康の最先端はリセラテラスから メールマガジン登録
美と健康の最先端はリセラテラスから メールマガジン登録