GRAND MENU
メニューを閉じる
  • #化粧品

敏感肌にはノーファンデがおすすめ!メイク方法もチェック

こんにちは!美と健康をサポートするリセラテラスの松本です。

少しの刺激で肌が荒れがちな敏感肌。

お肌が荒れやすい時期はなるべくメイクはしたくないものですよね。

そんな方におすすめなのが「ノーファンデ」です!

ファンデーションをやめるとお肌への負担が減るので、肌トラブルの改善が期待できます。

ファンデーションを使用しなくても、メイクのポイントをおさえれば肌をきれいに見せることができるんですよ。

今回は、敏感肌にノーファンデがおすすめな理由やメリット、ノーファンデメイクの方法についてご紹介します。

ノーファンデが気になっている方はぜひ参考にしてくださいね!

肌の調子

敏感肌におすすめのノーファンデとは?メリットも解説

ノーファンデとは、ファンデーションを使用しないメイクのことです。

ファンデーションを使用しないことから、肌に全く何もつけていないメイクだと勘違いしている方も多いかもしれません。

すっぴんの状態ではなく、日焼け止めや下地、フェイスパウダーを使って素肌のようなナチュラルで軽やかな仕上がりをつくるのがノーファンデです。

ファンデーションを使用しないだけで、下地などのベースメイクアイテムやアイメイクもリップも使ってOK。

肌のきれいな人が行うイメージがあるかもしれませんが、ファンデーションを使わない代わりに肌の透明感を上げる下地を使用したり、気になるシミなどはコンシーラーでカバーしたりすれば、気になる肌悩みがある方でもきれいな肌に見せることが可能ですよ。

ノーファンデのメリット

ノーファンデにはたくさんのメリットがありますが、主に以下のようなメリットがあげられます。

  • 肌への負担が少ない
  • メイクの時間を短縮できる
  • 化粧崩れが気にならない
  • マスクへの付着が少ない

ファンデーションを使用しないことで、肌につけるアイテムが少なくなることから、肌への負担を減らせることがノーファンデのメリットのひとつ。

ファンデーションは外部の刺激から肌を保護したり、紫外線をブロックしてくれるメリットもあるのですが、刺激に弱い敏感肌の場合は、自分の肌に合っていない成分のファンデーションを長時間つけることで肌荒れを起こす可能性も。

また、ファンデーションをメイクオフする際に使用するクレンジングも、肌に負担がかかっています。

理由としては、カバー力があるファンデーションは洗浄力の高いクレンジングが必要となり、ファンデーションを落とすと同時に肌の潤いまで落としてしまいます。

敏感肌はそこから肌の乾燥トラブルにつながってしまうのです。

逆に、クレンジングでファンデーションをしっかり落とせずに肌に残ってしまい、ニキビくすみの原因になることも。

ノーファンデなら、強力なクレンジングは不要。

簡単に落ちるので肌への負担が気にならないでしょう。

ノーファンデは日焼け止めや下地、パウダーのみで仕上げるため、ファンデーションを使うステップがなくなることで朝のメイク時間も短縮できます。

化粧崩れの心配もなくなるでしょう。

また、マスクへのメイクの付着も気にならないほどの最小限で済みますよ。

あわせて読みたい

ノーファンデメイクの方法をご紹介!

ノーファンデメイクのやり方や、アイテム選びのポイント、肌をきれいに見せるコツをご紹介していきましょう。

ノーファンデメイクは基本的に「日焼け止め」「フェイスパウダー」「ポイントメイク」の順で行っていきます。

①日焼け止め

スキンケア後、メイクの最初に使うのが日焼け止めです。

​ファンデーションで紫外線をカットできない分、日焼け止めは欠かさず入念に塗るようにしましょう。

おでこ、両頬、鼻、あごの5点に日焼け止めを置いて、顔全体に薄くのばしていきます。

目や鼻の周りなど、細かい部分も丁寧に塗ってください。

フェイスラインや首も忘れずに塗りましょう。

毛穴やシミなど、肌悩みが気になる部分には、ほんのりと色味のある日焼け止めを使えば、肌をしっかり補正してきれいに見せてくれますよ。

また、目の下のクマやシミ、ニキビ跡などが気になる場合は、コンシーラーを重ねます。

指やメイクスポンジで少量を肌にのせ、境目をぼかすようになじませます。

クマには明るい色のコンシーラーをのせると、肌全体がぐっと明るくなりますよ。

コンシーラーの厚塗りや広範囲に塗るのは、不自然な仕上がりになるので注意してくださいね。

ピンポイントに直接塗れる、スティックタイプのコンシーラーもおすすめです。

②フェイスパウダー

ベースメイクの仕上げはフェイスパウダーです。

フェイスパウダーをのせることで、さらっとした仕上がりになり、テカリを防止してくれます。

また、軽い付け心地で毛穴などの気になる部分を目立ちにくくし、透明感のあるなめらかな肌に見せてくれますよ。

ブラシとパフを使い分けて、違う仕上がりを楽しむこともできます。

肌への密着度を高めたい時にはパフを、透明感のある自然な印象に仕上げたい時はブラシを使用すると良いでしょう。

粒子が細かいルースタイプならナチュラルな素肌感に。

​プレストタイプなら肌をなめらかに見せてくれるマット肌に。

なりたい肌に合わせてフェイスパウダーを選ぶようにしましょう。

敏感肌には、美容成分が含まれた製品を選ぶと良いですね。

③ポイントメイク

最後に、アイメイクやアイブロウ、リップ、チークなどのポイントメイクを行います。

ポイントメイクはいつも通りに行えばOKです。

アイシャドウのおすすめは肌になじむブラウン系。

アイブロウは自眉を生かしてナチュラルに、リップはさりげない血色感をプラスできるアイテムがおすすめです。

敏感肌には肌に負担の少ないノーファンデがおすすめ!

ノーファンデとは、すっぴんの状態ではなく下地などのベースメイクアイテムを使って、素肌を生かしたナチュラルで軽やかな仕上がりの肌をつくるメイクのこと。

ファンデーションを使用しなくても、日焼け止めやコンシーラー、フェイスパウダーなどのアイテム次第できれいな肌に見せることが可能ですよ。

ノーファンデには「肌への負担が少ない」「メイク時間を短縮できる」「化粧崩れが気にならない」「マスクへの付着が少ない」などたくさんのメリットがあります。

特に敏感肌で肌荒れしやすい方は、ノーファンデを試してみてください。

クレンジングなどの肌への負担が減るので、肌トラブルが改善するかもしれません。

ご紹介したノーファンデメイクを参考にして、ぜひノーファンデに挑戦してみてくださいね。

ドクターリセラでは、お肌に優しい無添加化粧品※を多数取り扱っています。

お一人おひとりの肌のお悩みに優しく寄り添い、肌を健やかに導くアイテムをラインナップしています。

お肌に優しいパウダーなどのメイク製品もご用意していますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

※石油系合成界面活性剤、パラベン(防腐剤)含む旧表示指定成分、合成香料、合成着色料、鉱物油不使用

あわせて読みたい
SNSSHARE

この記事をシェアする

WRITER
マーケティング部副部長
松本 しのぶ

美容業界歴24年 2013年ドクターリセラ(株)入社。直営エステ事業部・広報部・品質保証部を経て、現マーケティング部にて【公式HP】【リセラテラス】を運営。プライベートは3人のまごのグランマ。

ホットキーワード
関連記事

過去の記事

美と健康の最先端はリセラテラスから メールマガジン登録
美と健康の最先端はリセラテラスから メールマガジン登録