• #化粧品

ノーファンデのメリットはたくさん!素肌とは違うメイク法や下準備も

こんにちは!美と健康をサポートするリセラテラスの松本です。

最近はノーファンデを実践している人も増えていますが、「本当に大丈夫?」「みんなどうやっているの?」など、気になっているけどどうなんだろう?という意見はよく聞きます。

素肌に良さそうだから試してみたいけど、シワやたるみも気になるし隠したいといった不安もありますよね。

そこで今回は、年々増えてくる肌トラブルを補いながら、ファンデーションを使用せずにどうやってメイクをしていけば良いのかお話します。

ノーファンデメイクの基本やメリット、下準備のための肌ケアについて解説していきます!

肌荒れに悩む女性

ノーファンデメイクとは?その魅力やメリット

ノーファンデメイクとは単にすっぴんというわけではなく、下地などベースメイクは自然に施したうえで透明感を出すようなメイクを指します。

スキンケアを行って、下地や日焼け止めは塗ってもOK!

さらにコンシーラーで最低限カバーして仕上げにパウダーという風に、ファンデーションの工程を抜いて行うことが多いです。

ファンデーションを使わないメイクに切り替えることで、朝のメイク時間の短縮できるようになりますよ。

ノーファンデのメリットはたくさん!

時短以外にも、ノーファンデを実践することで以下のようなメリットがあります。

  • 肌への負担が減る
  • 素肌感のあるナチュラルさが出せる
  • メイク直しが楽になる
  • 汗や皮脂による化粧崩れが減る
  • ファンデーションが服に付着せずに済む

ノーファンデメイクなら肌ダメージを減らせるだけでなく、ライフスタイルを快適にするメリットもたくさんありますね。

最近はオーガニックの化粧品も増えていますが、主に石油由来の合成界面活性剤や防腐剤など添加物が入ったものがまだ多いです。

ファンデーションを使うことでの肌負担を減らすだけでなく、スキンケアアイテムによるダメージも減らすことができるのも魅力といえるでしょう。

ファンデーションは、10時間以上付けたままでもキープできるくらいメイク崩れを強力に防止できるように顔料と油が含まれています。

そのため、クレンジングで簡単には落とせません。

疲れて落とさずに寝てしまうと、ファンデーションで蓋をされた肌は毛穴が詰まったり肌呼吸ができなくなるため、肌荒れの原因となってしまいます。

そんなファンデーションをしっかり落とすために、しっかりとしたクレンジングをはじめとするスキンケアアイテムが必要となります。

ノーファンデに切り替えれば肌への負担が減り、さらに朝のメイク時間を短縮することもできますよ。

ノーファンデメイクのデメリットもある?

紫外線を浴びる女性

ノーファンデには、メリットがある反面、以下のような気をつけたい点もいくつかあります。

紫外線や乾燥対策が必要!

日焼け止めなどを使わずにノーファンデメイクで外出すると、肌は紫外線を直接受けることになります。

紫外線を皮膚に浴びると、発生した活性酸素から肌を守るためにメラニンが生成されやすくなり、コラーゲンやエラスチンがダメージを受けやすくなります。

こうして肌にダメージが残ることで、シミやくすみ、シワやたるみなど肌が老化して毛穴も目立ちやすくなってしまいます。

他にも乾燥や大気中の有害物質などから肌を守ることができなくなってしまうため、日焼け止めや紫外線防止に効果のあるベースやパウダーでカバーすることを忘れずに!

美容成分や潤い成分の高いものを選ぶとより良いでしょう。

また、外出していなくてもカーテンから入った紫外線で、少なからず肌へのダメージとなることもあります。

出かけない時にも日焼け対策は意識すると良いですね。

隠したいところを隠せない?

ノーファンデにすると隠したいところを隠せない、隠しきれないという部分はデメリットといえます。

ただこの点は、ファンデーションのように肌全体を覆う必要が無い、コンシーラーをポイント使用することで対策は可能です。

また、逆に隠せないという点から「ベースである素肌から美しくしよう!」と、良い方向にも意識が向きますね。

デメリットは、ファンデーションの方が多いかも?

ファンデーションには、肌の統一感を出せるというメリットがあります。

朝のメイクが5分程度と短い人でもファンデーションには3分以上かけるくらい、メイクの決め手と言えます。

シミや毛穴、肌荒れを隠してメイク映えにも影響する必需品ではありますが、以下のようなデメリットもあります。

  • 肌が弱いと荒れる原因となったり、ニキビが増える原因となることも
  • 乾燥肌だと、うまく乗らない
  • 服に付いたらなかなか落ちない
  • メイク崩れが起こりやすく、メイク直しに時間がかかる
  • メイク落としが大変
  • 冬は浮きやすく、夏は汗で流れる

こうしたデメリットを解決してファンデ無しでもきちんと肌をカバーできるようになるため、ノーファンデのメイクのコツ、下準備であるスキンケアの方法などを次で解説していきます!

ノーファンデメイクを行うためには、下準備も大事!

お肌に素手をあてる女性

ノーファンデメイクの準備として、具体的なノーファンデメイクの順番も知っておきましょう。

  1. スキンケア
  2. 日焼け止め
  3. 下地(コントロールカラー)
  4. コンシーラー
  5. フェイスパウダー

ここでのポイントは、日焼け止めの使い方です。

日焼け止めは、スキンケア後に顔全体から首にかけて塗るようにします。

べたつく場合は軽くティッシュオフし、コンシーラーで隠してからフェイスパウダーでぼかします。

化粧下地でUVケアできる場合も、日焼け止めを塗るようにしておくと安心です。

メイクは肌の内側のケアから始まり、次第に外側へと塗り重ねていくのが基本ですが、「ベースメイクってどこからどこまで?」と言われるとはっきりとした定義はなく、ファンデーションを塗るまでの過程と考えておくと簡単です。

ノーファンデメイクのための美肌づくり

ノーファンデメイクでキレイに見せるには、大きく3つのポイントがあります。

①毛穴の開きを改善

ファンデーションを使わない分、毛穴の状態の仕上がりに影響します。

もし毛穴の開きが気になるなら、毛穴引き締めに効果のあるスキンケアアイテムを使うようにしましょう。

普段のスキンケアでは毛穴を広げる角栓を防ぐために、丁寧なクレンジングとしっかりと泡立てた洗顔を心がけましょう。

メイク落としが甘いと、黒ずみ毛穴が目立つようになってしまします。

洗顔後はすぐに化粧水で肌にたっぷりと潤いを与え、保湿アイテムで水分の蒸発を防ぎ、フェイスマスクによるパックを定期的に行うのがおすすめです。

メイク落とし前にホットタオルなどで温めて、汚れを浮かしておくとさらに効果が高まりますよ。

毛穴の開きは乾燥によっても起こるため、冬の空気が乾燥する時期はなるべく湯船に浸かり、発汗作用と血行促進を心がけることも有効です。

②肌のシミやシワを改善

シミや小ジワが気になる場合は、下地やコンシーラーなど、肌の場所に応じたアイテムがあると便利です。

ノーファンデにすると、肌が健康になる代わりにごまかしも効かなくなるので、毎日のスキンケアが大切ですね。

もしも肌のくすみ*が気になる場合は、ハイドロキノンを配合したクリームなどを使用してケアをしてあげましょう。

さらにレチノイン酸配合のクリームを使用して肌のリズムを整えてあげることもおすすめです。

*汚れや古い角質による

*乾燥による

③栄養面や生活面の改善

栄養面では、美肌を保つビタミン類の中でもABCに加えて、亜鉛などの肌の健康を保つ成分・代謝を促す成分を摂取するのがおすすめです。

肌が元気になるには栄養と血行促進が大切!

定期的にオイルなどで滑りを良くして、フェイスマッサージを行うのも良いでしょう。

また、不規則な生活でホルモンバランスが崩れると、肌もトラブルが起きやすくなります。

特に睡眠は重要です。

最低7時間以上寝るのを目標にして、成長ホルモンが分泌される寝始めの3時間がぐっすり眠れるように。

食事は寝る2〜3時間前までに済ませ、1時間前には明かりを落として携帯の照明など人工的な光は避けましょう。

深い睡眠はシワやシミといった肌トラブルの予防、肌のブライトニングへと導く効果など、美肌へとつながります!

ノーファンデは美肌に通じるメリットばかり!基礎づくりから始めよう

ノーファンデの日が多くなれば、メイクやメイク直しの忙しさを和らげてくれるだけでなく、肌への負担軽減とケアによって本来の健康的な状態を目指すことができ、メリットのほうが上回ります!

お肌や体質を改善する、良い機会にもなるでしょう。

日焼け止めや紫外線防止に効果のあるベースやパウダーでカバーすることは忘れずに、美容成分や潤い成分の高いものを選んで行ってみてくださいね。

SNSSHARE

この記事をシェアする

WRITER
マーケティング部副部長
松本 しのぶ
続きを見る

美容業界歴24年 2013年ドクターリセラ(株)入社。エステティシャン・広報勤務を経て、オウンドメディア【リセラテラス】を立ち上げる。プライベートでは3人のまご馬鹿グランマ。

関連記事