• #化粧品

化粧品の薬用とは?医薬部外品や普通の化粧品との違いも確認!

こんにちは!美と健康をサポートするリセラテラスの松本です。

肌トラブルを抱えていたり、化粧品にアレルギーを持っていたりする方は、化粧品を選ぶ際にパッケージの表示や成分をチェックする方も多いですよね。

肌に優しい成分にこだわったさまざまな化粧品がありますが、その中に「薬用」と書かれた製品があります。

薬用化粧品とはどんな化粧品を指すか、ご存知でしょうか?

今回は、薬用化粧品について。

その成分や特徴、医薬部外品や普通の化粧品との違いなどをご紹介します。

オーガニック化粧品

化粧品の「薬用」とは?医薬品・医薬部外品、化粧品との違い

化粧品には「薬用」のほかに「医薬部外品」の表示があり、「医薬品」や薬用でない普通の「化粧品」とはどんな違いがあるのか、気になりますよね。

まずは基本の「薬用」の意味から、それらの違いについて見ていきましょう。

薬用化粧品とは?「薬用」の意味や特徴

「薬用化粧品」と聞くと、「薬」という言葉を使っていることから、薬の一種というイメージを持っている方もいるかもしれません。

薬用化粧品は、厚生労働省が認可した特定の効能を使用している製品のことで、具体的に有効成分の効果や効能を表示してもよいと認められています。

薬用化粧品は薬ではありませんが「具体的な効果が期待できる化粧品」と言えます。

ただし、製品のパッケージや広告などで「肌荒れが治る」など、特定の効果効能や作用を表示するのはNG。

あくまで、薬用化粧品は有効成分として効果効能が認められているものですので、薬のように「これを使えば治る」といったような治療効果の表示は禁止されています。

薬用化粧品と医薬品・医薬部外品・化粧品との違い

「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」は、それぞれ意味するものが異なります。
薬用化粧品とどう違うのか、意味や特徴をみていきましょう。

医薬品

病気の診断や治療・予防に使用されることを目的としたもので、主に薬のことを指します。

医薬品には2種類あり、原則として医師の診断に基づく処方箋が必要で、薬剤師から購入できる「医療用医薬品」と、医師の診断がなくても薬剤師や登録販売者の助言を得て薬局やドラッグストアなどで自ら購入できる「一般用医薬品」に分けられます。

医薬部外品

実は、薬用化粧品と医薬部外品は同じことを意味しており、薬用化粧品のパッケージや外箱には「医薬部外品」と記載があります。

厚生労働省が認可した特定の効能を使用している製品のことを指し、具体的に有効成分の効果や効能を表示してもよいと認められています。

医薬部外品は医師や薬剤師、登録販売者の助言はいらず、自らの判断のもとドラッグストアなどの店舗で購入できます。

化粧品

皮膚や髪、爪の手入れや保護、着色など塗布することで見た目を美しくしたり、体を清潔にしたりする目的でつくられた製品です。

効果・作用も緩和なもので、医薬部外品と同様に医師や薬剤師、登録販売者の助言はいらず、自らの判断のもとドラッグストアなどの店舗で購入できます。

薬用製品にはどんなものがある?

肌の調子が良い女性

薬用化粧品にはさまざまな種類があります。

特徴とともに、ご紹介していきますね。

薬用化粧水

にきびや肌荒れなど、どんな肌状態に合うのか具体的に表記した製品が多いです。

作用としては、主に「肌荒れ」「あせも」「しもやけ」「ひび」「あかぎれ」「荒れ性」「にきびを防ぐ」「肌を引き締める」「肌を整える」「皮膚に潤いを与える」などがあります。

にきびなどに効果のある抗炎症作用成分を配合している傾向が高いです。

保湿製品

「肌荒れ」や「皮膚の乾燥を防ぐ」「皮膚を保護する」など、肌を保湿する成分が処方された製品です。

ハンドクリームやリップクリーム、顔用の保湿クリームなどがあります。

美白化粧品

ブライトニング目的の美容成分を配合した化粧品で、肌をくすみのないクリアな状態へ導く働きが期待できます。

ただし、あくまでも「肌トラブルがなくなる」というわけではありませんので、理解したうえで使用しましょう。

このほかにも「薬用化粧品」には、頭皮の血行を良くする成分を含んだ育毛剤などもあります。

「薬用化粧品」とは医薬部外品のこと

化粧品には、薬用のほかに医薬品や医薬部外品など、さまざまな種類があります。

薬用化粧品は、厚生労働省が認可した特定の効能を使用している製品のことで、具体的に有効成分の効果や効能を表示してもよいと認められており、医薬部外品と同じことを意味しています。

薬用化粧品は医師や薬剤師、登録販売者の助言はいらず、自らの判断のもとドラッグストアなど店舗で購入できます。

化粧水や保湿製品、美白化粧品などさまざまな作用のある成分を配合した薬用化粧品がありますので、肌トラブルにお悩みの方はぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

SNSSHARE

この記事をシェアする

WRITER
マーケティング部副部長
松本 しのぶ
続きを見る

美容業界歴24年 2013年ドクターリセラ(株)入社。エステティシャン・広報勤務を経て、オウンドメディア【リセラテラス】を立ち上げる。プライベートでは3人のまご馬鹿グランマ。

関連記事