Language

メニューを閉じる
  • #美容テク

鉱水とは?軟水と硬水との違いもあわせて解説

こんにちは!美と健康をサポートするリセラテラスの松本です。

鉱水」とはどのような水か​知っていますか?

ペットボトルの原材料名に「鉱水」と書かれているのを、目にしたことがある人もいるのではないでしょうか。

ミネラルウォーターには「鉱水」などの様々な種類があり、それぞれに特徴があるのです。

そこで今回は、意外に知られていない「鉱水」について徹底解説。

「軟水」「硬水」との違いについても詳しくご紹介します!

鉱水とは?

鉱水とは、ミネラルウォーターに使用される原水の種類の1つで、ポンプなどで汲み上げられたミネラル成分を含む地下水のこと。

一般的に「ミネラルウォーター」という名称で販売されています。

農林水産省が定める「ミネラルウォーター類(容器入り飲用水)の品質表示ガイドライン」には、鉱水は「ポンプ等により取水した地下水のうち、溶存鉱物質等により特徴づけられる地下水」と記載されています。

溶存鉱物質等とは、水に含まれているミネラル成分のことです。

ミネラルウォーターに使用される原水には、次のように鉱水を含め全部で7種類あります。

原水は採水する方法や場所、温度や溶存物質によって次のように細かく分類されています。

  • 鉱水:ポンプ等により取水した地下水で、かつ溶存鉱物質等に特徴づけられる地下水
  • 浅井戸水:浅井戸から取水した地下水
  • 深井戸水:深井戸から取水した地下水
  • 湧水:不圧(自由面)地下水や被圧地下等、自然に湧き出る(自噴)地下水
  • 鉱泉水:水温が25℃未満で溶存鉱物質等に特徴づけられる、自然に湧き出る(自噴)地下水
  • 温泉水:水温が25℃以上の自然に湧き出る(自噴)地下水または、温泉法第2条に規定される溶存鉱物質等に特徴づけられる地下水
  • 伏流水:河川の水が河床の下に浸透し、地表面より下の極めて浅い位置に存在する地下水

このように分類された原水の種類は、上記の品質表示ガイドラインの規定により、ミネラルウォーター類の容器または包装の見やすい箇所に表示しなくてはならないと定められています。

「原材料名:水(鉱水)」のように、原材料名に水と記載し、カッコをつけて原水の種類を記載します。

ペットボトルの飲料水を買うときは、品質表示欄をチェックしてみましょう。

どの原水が使用されているのかがわかります。

鉱水とは軟水・硬水とどう違う?

鉱水がミネラルウォーター類に使用される原水の種類の1つであるのに対し、軟水・硬水は水の硬度の違いによって分類されています。

水の硬度とは、水質を表す指標の1つで、水に含まれているカルシウムとマグネシウムの総量によって決まります。

カルシウムとマグネシウムの含有量が多い水を「硬水」といい、含有量が少ない水を「軟水」といいます。

硬度の分類基準にはいろいろありますが、水1リットルに溶けているカルシウムとマグネシウムの量を数値化した値が100mg以下を「軟水」、101〜300mgを「中硬水」、301mg以上を「硬水」と分類されることが多いです。

したがって、「鉱水かつ軟水」や「鉱水かつ硬水」というように分類されます。

軟水の特徴

カルシウム・マグネシウムなどのミネラルの含有量が少ないので、口当たりが軽くクセがないため飲みやすいのが特徴です。

普段飲んでいる水道水国産のミネラルウォーターのほとんどは軟水です。

軟水は和食料理にも向いているといわれています。

昆布や鰹節などの出汁の旨味成分を引き出し、素材そのものの味を活かしてくれるのが軟水です。

また、軟水でご飯を炊くとふっくらと炊き上がりますよ。

コーヒーやお茶を淹れる時も、風味にも影響を与えづらい、クセのない軟水が良いでしょう。

髪や肌にも優しく、石鹸の泡立ちも良いのでお風呂や洗濯にも適しています。

また、胃腸が未発達な赤ちゃんにはカルシウムやマグネシウムの含有量が少ない軟水は、胃腸に負担がかかりづらく赤ちゃんのミルクにもおすすめです。

硬水の特徴

また、硬水はカルシウムとマグネシウムの含有量が多くなることから、口当たりは重めで、飲みにくさを感じる人もいます。

しかし、不足しがちなカルシウムやマグネシウムなどのミネラルを手軽に補うことができるという利点も。

起床後や運動時、入浴前に飲むのが良いといわれています。

健康や美容便秘解消効果が期待できるので、ダイエットの水分補給や美容のために飲む人も増えています。

また硬水は、硬い肉を柔らかくして臭みをとる効果も期待できることから、肉などの煮込み料理にむいています。

パスタやパエリアなども、硬水を使うとより美味しく仕上がりますよ。

しかし、​硬水は​飲み過ぎると腸への刺激が強くなりお腹が緩くなってしまうことがあるため注意が必要です。
少量ずつ試してみると良いでしょう。

ドクターリセラの「リセラウォーター」は鉱水かつ軟水

リセラウォーター」は2000年の歴史が生んだ、飲み水に理想的なミネラルウォーター。

硬度120mg以下90mgの軟水であるためクセがなくて飲みやすく毎日の水分補給お料理赤ちゃんのミルクにもおすすめです。

体になじみやすい海洋深層水「海のめぐみ」に清らかな湧き水「山のめぐみ」をプラス。

沖縄の久高島沖合、深度1,400mと600mの海洋深層水と、和歌山県高野山麓の地下水をアクアフォトミクス理論に基づき、最適なブレンド比率を実現しました。

また、市販のミネラルウォーターの中には、発がん性物質になる恐れが一部指摘されている「硝酸態窒素」が含まれていることがあります。

「硝酸態窒素」とは、土壌にまかれた化学肥料などに含まれる「窒素」が変化したもので、土壌に含まれる硝酸態窒素は地下水や河川に流れ込んでしまうのです。

リセラウォーターは「硝酸態窒素」が入っていない水にとことんこだわってつくった、ミネラルウォーターである点も強みです。

水分を取ることは美容と健康のためにもとても大切です。

水分摂取量が足りないと、血液はドロドロになり、全身に栄養を届けることが難しくなります。

そのため老化が進んでしまい、シミやシワ、さまざまな肌トラブルの原因になってしまうことも。

質の良い水をしっかり摂ることは血液循環を助け、疲れにくい身体綺麗な肌づくりにもつながりますよ。

あわせて読みたい
あわせて読みたい

鉱水とはミネラルウォーターに使用される原水の1つ

鉱水とは、ミネラルウォーターに使用される原水の種類の1つで、ポンプなどで汲み上げられたミネラル成分を含む地下水のこと。

ミネラルウォーターに使用される原水は、「鉱水」「浅井戸水」「深井戸水」「湧水」「鉱泉水」「温泉水」「伏流水」の全部で7種類。

ペットボトルのラベルには、原水の種類の記載が義務付けられていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

また、水は硬度の違いによって「軟水」と「硬水」に分類されています。

「硬水」とは、水に含まれているカルシウムとマグネシウムの含有量が多い水のこと。

含有量が少ない水が「軟水」です。

普段飲んでいる水道水や国産のミネラルウォーターのほとんどは軟水なので、日本人は軟水の方が親しみがあります。

軟水は、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルの含有量が少ないため、口当たりが軽くクセがないので飲みやすいでしょう。

赤ちゃんのミルクにも安心して使用することができます。

一方、硬水は飲みにくさを感じる人もいますが、ミネラルが豊富に含まれているため、便秘解消ダイエットなどの健康や美容にも、効果がより期待できます。

飲み水に最適なミネラルウォーターのおすすめは、「リセラウォーター」。

深度の違う2種類の海洋深層水をブレンドし、高野山麓の地下水と合わせ、細胞になじみやすい最適なブレンド比率を実現させました。

リセラウォーターは、水分補給お料理赤ちゃんのミルクにもおすすめの軟水。

毎日飲む水だからこそ、ぜひ飲みやすい製品を選んでくださいね。

あわせて読みたい
SNSSHARE

この記事をシェアする

WRITER
マーケティング部副部長
松本 しのぶ

美容業界歴24年 2013年ドクターリセラ(株)入社。直営エステ事業部・広報部・品質保証部を経て、現マーケティング部にて【公式HP】【リセラテラス】を運営。プライベートは3人のまごのグランマ。

ホットキーワード
関連記事

過去の記事

美と健康の最先端はリセラテラスから メールマガジン登録
美と健康の最先端はリセラテラスから メールマガジン登録