• #美容テク

自宅でエステを開業するなら資格は必須?開くための資金や準備を知ろう

こんにちは!美と健康をサポートするリセラテラスの松本です。

エステティシャンとして経験を積んだ後、将来的に自宅でエステティックサロンを開業したいと考えている方も少なくありません。

自宅でエステティックサロンを開業するには、さまざまな準備が必要になります。

事前に資格を取得したほうが良いのかも、気になるところですよね。

今回は、自宅でのエステティックサロンの開業について。

必要な資格や自宅で開くメリット、資金や開業のポイントなどをご紹介します。

エステを受ける女性

自宅でエステを開業するなら資格は取った方が良い?

実は、自宅でエステティックサロンを開業するために必須の資格はありません。
独学で勉強をして開業することも可能です。

しかし、日本には民間のエステティシャン協会が主催する、認定エステティシャンの資格を取得できる制度があります。

資格があることでお客様から信頼や安心感を持ってもらえる要因にもなるため、独立してエステティックサロンの開業を考えている方は認定資格を所有しておく方が有利といえるでしょう。

現在、日本で取得できる認定エステティシャンの資格をご紹介します。

AJESTHE認定エステティシャン

一般社団法人 日本エステティック協会による認定資格です。

一般社団法人日本エステティック協会の認定校に入学し、300時間のコースか、1000時間のコースを選択します。

300時間コースの場合はセンター試験に合格したのち資格を持つことができ、1000時間コースは修了次第センター試験免除で資格を取得できます。

AEA認定エステティシャン

一般社団法人 日本エステティック業協会が主催する資格です。

AEA認定校でカリキュラムを履修するか、エステサロンでの実務経験を積むことで資格を取得できます。

CIDESCO(シデスコ)国際ライセンス

スイスに本部を置くエステティックの国際組織「CIDESCO」が、世界各国に国際認定校を設立し、統一カリキュラムによる世界共通の試験を実施しています。

CIDESCO国際認定校を卒業して取得する学生受験、またはエステティシャンとして働きながら取得する一般受験によって、ライセンスを取得できます。

CIDESCO衛生管理資格

日本が運営する「一般社団法人 CIDESCO-NIPPON」では、日本の認定資格を持っているエステティシャンだけが受けることのできる「CIDESCO衛生管理資格」があります。

CIDESCO衛生管理資格にはビューティーセラピーディプロマ・スパセラピーディプロマ・アロマセラピーディプロマの3種類があり、CIDESCO国際認定校を卒業して取得する方法や、一般受験でエステティシャンとして働きながら取得する方法があります。

エステティシャンの資格の種類や取得方法などについては「エステティシャンの資格は必須?種類や取得方法、資格をとるメリット」でもご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

資格を持っていることでお客様からのの信頼度や安心感に影響するほか、基礎知識や技術の向上にもつながります。

まずは協会やスクールなどできちんとした知識を勉強した上で開業することが、よりよい施術やサービスの提供につながるでしょう。

エステ開業を自宅でするメリットとは?

エステティックサロンを店舗ではなく自宅で開業すると、次のようなメリットがあります。

①場所代がかからず開業資金が抑えられる

開業するにあたり、内装やエステ機器、消耗品費などさまざまな費用が発生します。

しかし、自宅で開業することで、場所の契約金や家賃が不要となるため、初期費用がかなり抑えられます。

②家事や子育てなどワークライフバランスの充実が可能

自宅で開業する場合、営業時間を自分で自由に決められます。

仕事以外の時間を自由に使えるので、家事や子育ての時間をしっかり取ることができ、仕事もプライベートも充実した働き方が可能になります。

③通勤がない

自宅が仕事場になるため、毎日の通勤が必要ありません。

通勤がなくなると、通勤費がかからず、さらに自由に使える時間が増えます。

④少ないリスクで始められる

先述の通り、自宅開業は店舗にくらべて初期費用を抑えることができます。

初期費用を抑えることができれば、経営に失敗した場合でもリスクを最小限に抑えることができます。

自宅でエステを開業するためのポイントや資金も知っておこう!

POINT

自宅でエステティックサロンを開業し成功するためには、いくつかのポイント抑えておくことが鍵になります!

準備面のポイント

自宅開業とはいえ、さまざまな準備が必要になります。

しっかりと準備を整えることが、スムーズな開業と経営につながりますよ。

①リラックスできる空間に仕上げる

自宅だからといって、全く内装をしないというのはNG。

お客様の中にはエステティックサロンに高級感だったり非現実感を求めていらっしゃる方も少なくありません。。

自宅ならではの生活感をなくし、お客様がリラックスできるよう、内装にこだわることが大切です。

施術スペースは、玄関に近い部屋にするのがおすすめ。

そうすることで、お客様はリビングやキッチンなど生活感のある部屋を見ることなく施術を受けることができますよ。

また、非現実感を演出するためにBGMも重要です。

リラックスできるようなヒーリングミュージックなどを流しましょう。

②効率よく最適な機材や備品を揃える

エステティックサロンを開業するなら、施術用のベッドや施術内容に合わせてエステ機器、消耗品などを調達する必要があります。

スリッパや飲み物・雑誌など、お客様へのおもてなしとして必要なものもあり、シーンごとに使う備品をリストアップしておくと良いでしょう。

ベッドやスツールは負担とならないようにクッション性があるものや高さ調節のできるものがおすすめです。

とくにエステ機器は高額なため、初期費用がかかります。

費用を抑えるために、レンタルや中古品を購入するといった方法も一つでしょう。

③広告宣伝で知名度を上げる

新規でお客様を獲得するためには、まずはエステティックサロンがオープンすることを周知することが大切です。

チラシを作成してお店周辺の住宅にポスティングしたり、雑誌や地元のフリーペーパーに広告を出したりと、しっかり宣伝して顧客を獲得しましょう。

また、最近はSNSやホームページの活用も有効です。

お店のPRや施術内容をコンスタントに紹介することが、新規顧客やリピーターの獲得につながります。

成功させるためのポイント

エステティックサロンを開業しても、安定した売り上げを確保して経営を長く続けていくには、さまざまな対策が必要です。

①リピーターを獲得する

エステティックサロンの経営を続けていくには、安定した来客を保つことが必至です。

リピーターになってもらえるよう、施術に満足してもらうのはもちろん、施術者に魅力を感じてもらうことも非常に重要なポイントです。

定期的に勉強会に参加して技術を磨くなど、お客様が通い続けたくなるように常に努力を続けましょう。

②他店にない施術メニューなど差別化を図る

成功させるためには他店と差別化を図りましょう。

エステティックサロンは飲食店などと比べて施術メニューで差別化するのが難しいですが、お店のコンセプトや他店には負けないポイントなどをしっかり見極め、「ここでしか過ごせないひととき」を提供することが大切です。

開業にかかる費用の内訳と目安

自宅サロンを開業するには、最初にさまざまな費用が発生します。

家賃・建物の契約料

自宅開業の場合は、家賃も契約料もかからないため0円です。

機材代

施術用のベッドやイス、エステ機器などサロンで使用する機材は、施術内容によって異なります。

新品を購入する場合は数百万円かかる場合がありますが、レンタルやリースなどで済ませる場合は約10〜50万円必要です。

内装費用

内装費用は内容によって費用にばらつきがありますが、壁紙や絨毯、照明など高級感のある演出を行うなら、お部屋の広さにもよりますが20万円~はかかるでしょう。

消耗品費・雑費

施術に使用するタオルや化粧品、紙製の下着など、細々とした費用も発生します。

使用するアイテムによって金額は異なりますが、最初の準備に約10万円は見積もっておきましょう。

広告宣伝費

お店が軌道にのるまでは、30万円ほどは広告宣伝費を見積もることをおすすめします。

もちろん、ご自身で制作したり、ご友人に依頼して初期投資を下げることは可能です。

チラシを作成してポスティングしたり、フリーペーパーなどに広告を出したりと、まずはお店の周辺にお住まいの方にしっかり宣伝をして周知しましょう。

自宅でエステを開業、資格があった方が信用度が上がる

自宅でエステティックサロンを開業するために、必須の資格はありません。

しかし、民間のエステティシャン協会が主催する認定エステティシャンの資格を取得することで、お客様から信頼や安心感を持ってもらえる要因にもなります。

資格はなくても問題はありませんが、独立して開業を考えている方は認定資格を所有しておく方が有利といえるでしょう。

エステティックサロンを店舗ではなく自宅で開業すると、開業資金が抑えられたり、ワークライフバランスの充実が可能だったりと、さまざまなメリットがあります。

開業する準備や経営を長く続けていくポイントをしっかり抑えて、より多くのリピーター獲得を目指しましょう。

SNSSHARE

この記事をシェアする

WRITER
マーケティング部副部長
松本 しのぶ
続きを見る

美容業界歴24年 2013年ドクターリセラ(株)入社。エステティシャン・広報勤務を経て、オウンドメディア【リセラテラス】を立ち上げる。プライベートでは3人のまご馬鹿グランマ。

関連記事