• #美容テク

エステティシャンは将来性のある仕事!キャリアアップの方法とは?

こんにちは!美と健康をサポートするリセラテラスの松本です。

美容系の仕事に携わりたいと考えている方にとって、人気職業の一つであるエステティシャン。

エステティシャンは美を追求し、お客様のお悩みに寄り添い理想の姿へ導くお仕事なので、美容に関する知識を常に更新していきながら技術力やカウンセリング力、コミュニケーション能力を高めていく必要があり、日々やりがいを感じられる職業です。

しかし、エステティシャンを続けていく上で、将来性が気になるという方も多いのではないでしょうか?

今回は、エステティシャンのさらなるキャリアアップの実現について。

その方法やキャリアアップの選択肢など、エステティシャンの将来性をご紹介します。

エステティシャン

エステティシャンのキャリアアップとは

エステティシャンとして長く働き続けるにあたり、気になるのがキャリアアップ。

そのための選択肢はいくつかあります。

まず、最初のキャリアアップとして目指したいのが、エステティックサロンの店舗管理者である「店長」。

店長はお客様へ施術を行うのはもちろん、サロンの管理やスタッフの教育、勤怠管理なども行うため、さらなる責任感が必要になります。

また複数店舗を経営されている会社へ就職した場合は「エリアマネージャー」という役職があるサロンもあります。

エリアマネージャーは、担当するエリアにある店舗の売り上げ、お客様の来店数、店長の育成などを含めた運営を管理します。

また、スタッフ育成など教育に関する業務も増えるため、経営力や指導力を身につけることができますよ。

ハンドマッサージを専門に施術されるエステティックサロンでは、解剖生理学に基づいた知識・技術力を習得できます。

脱毛やシミ、しわ、セルライトケアなど美容機器を用いた施術を行うエステティックサロンで働く場合は、それぞれに合った施術方法や美容器具の使い方に関する知識を学ぶことができます。

そして、技術者だけではなく、未来に向けた人材育成などに興味のある方は「インストラクター」や「講師」という選択肢もあります。

講師は主にエステティックサロンやエステの専門学校で、知識や技術、カウンセリングのノウハウ、そして接客する上で必要なおもてなしの心を教える仕事ですので、これまでエステティシャンとして培ってきた技術や知識を活かせる、やりがいのある仕事と言えます。

さらに腕を高めるためのキャリアアップの方法

キャリアアップ

エステティシャンとしてキャリアアップを目指すなら、専門知識やスキルの向上は必須です。

キャリアアップにつながる方法をいくつか見ていきましょう。

資格を取得する

エステティシャンは国家資格が必要ないので、資格を持たなくても始めることができます。

しかし、「AJESTHE認定エステティシャン」や「AEA認定エステティシャン」「CIDESCO国際ライセンス」など、民間団体の主催する資格を取得していくことで信頼度も上がり、仕事の幅を広げられます。

キャリアアップを考えるなら、まずは資格取得を目指すというのも1つでしょう。

エステティシャンの資格は必須?種類や取得方法、資格をとるメリット」もぜひご参考ください。

研修を受ける

キャリアアップを目指すなら、キャリアの方向性に関わらず、自身の技術向上は必至です。

エステティックサロンによっては知識・技術向上のために研修制度を設けていますので、研修の機会が多いサロンを選ばれることもオススメします。

また、エステに関する技術や知識を一から取得できるスクールもあります。

初心者の方や基礎技術をもう一度学びたいという方は、ぜひチェックしてみてください。

体や肌に関する知識を深める

お客様の状態や要望や当日の心理状態に合わせた施術ができるようになることで、より高いレベルを目指すことも可能になります。

そのため、肌や筋肉、リンパ、皮膚科学、栄養学といった体や肌に関するさまざまな知識を習得することで、お客様によりよい施術とアドバイスをご提供できます。

海外留学する

海外の多岐にわたるカリキュラムを受けて、様々な知識を広めたいなら、海外留学という方法もあります。

日本にはないユニークなカリキュラムもあるため、新しい技術を身につけることが可能です。

また、語学を学ぶこともできるため、将来的にグローバルな活躍も目指せますよ。

他店の施術を受ける

他店の施術を受け、お客様目線に立ってみるのも技術の向上につながります。

とくに接客は注意して見たいポイント。

入店からアフターフォローまで、お客様の視点で見ることによって、良い部分や気になる部分がよく見えます。

他店の良いところをしっかり吸収して、自分の仕事にも活かしましょう

エステティシャンの将来性や今後のニーズもチェック

サロンのタオル

エステティシャンは非常に将来性が高く必要とされる仕事です。

というのも、美容業界では時代とともに新しい技術や美容機器が登場し、日々進化を遂げています。

近年ではさまざまなエステが登場して多角化することで、エステティックサロンを利用するお客様の幅も広がって増加傾向に。

以前はエステへの敷居は高いイメージがありましたが、現在は若年層の方の美容に対するニーズも高まり、自分へのご褒美など気軽に利用する方が増えています。

現在、雑誌やテレビなどメディアだけではなく、SNSなどでも美容に関する情報を得ることができます。

そのため、お客様の美容知識も高まり、お客様がエステティシャンに求めるサービスや技術が多種多様に変化しています。

今後は、お客様のさまざまなニーズにお応えできるような豊富なメニューを取り揃えるサロンや、ニッチなサービスを受けられる専門性の高いサロンなど、メニューへの差別化が重要になるでしょう。

また、最近のエステティックサロンでは男性のお客様が非常に増えています。

美容へ関心を持つ男性が年々増加しているため、メンズサロンのニーズもますます高まるはずです。

こういったニーズや傾向を見ると、エステティシャンとしてキャリアアップしていくことで求められる機会も増え、自身で独立して成功するなど希望の持てる仕事といえるでしょう。

将来性が高いエステティシャン!腕を高めてキャリアアップを

エステティシャンとして今より高みを目指すための選択肢は、店長やエリアマネージャー、転職、インストラクター・講師など、いくつかあります。

さらに、エステティシャンとしてキャリアアップを目指すなら、専門知識やスキルの向上は必須です。

たとえば、民間団体が主催する資格の取得や技術向上ができる研修の受講、体や肌に関する知識の習得など、技術や知識の向上がキャリアアップを可能にしてくれるでしょう。

エステ業界では時代とともに新しい技術や美容機器が登場し、日々進化を遂げているため、エステティシャンは非常に将来性が高い仕事です。

将来的なビジョンやなりたいエステティシャン像を掲げ、キャリアアップを目指しましょう!

SNSSHARE

この記事をシェアする

WRITER
マーケティング部副部長
松本 しのぶ
続きを見る

美容業界歴24年 2013年ドクターリセラ(株)入社。エステティシャン・広報勤務を経て、オウンドメディア【リセラテラス】を立ち上げる。プライベートでは3人のまご馬鹿グランマ。

関連記事