• #美容テク

貧血に効く!チョコレートの意外な効果や注意点などを解説

こんにちは!美と健康をサポートするリセラテラスの松本です。

体がだるく、疲れやすくなった。

立ちくらみがする。

朝、元気が出ない……。

このように感じることはありませんか?

心当たりがあるという方は、もしかすると「貧血」のせいかもしれません。

貧血の多くは鉄分を十分に取ることで改善が期待できると言われています。

その鉄分摂取におすすめなのがチョコレート!

実はチョコレートはかつて薬として使われていたほど、鉄分が多く含まれている食べ物で、貧血改善には効果的だということが分かりました。

今回は貧血の症状や原因、貧血に効果があるチョコレートの成分や選び方・食べ方、注意点などについて紹介していきます。

板チョコレート

貧血とは?

貧血は女性に多く、10人に1人の割合で発症すると言われています。

鉄分不足による貧血を「鉄欠乏性貧血」と言います。

「鉄欠乏性貧血」は、必要な鉄分を摂れていない場合に多く見られます。

貧血の症状

一般的な貧血の症状には、全身の倦怠感、めまい、立ちくらみ、動悸や息切れ、頭痛、耳鳴り、集中力の低下などがあります。

鉄が不足する「鉄欠乏性貧血」による症状はさらに多岐にわたり、下記のようなものが挙げられます。

  • 爪が割れやすくなる
  • 口の端や舌が荒れる
  • 固形物が飲み込みにくい
  • 髪が抜けやすい
  • 肌がカサカサする
  • やたらと氷水を飲みたがる

もちろん、これらすべての症状が出るわけではありません。
貧血がゆっくりと進んだ場合にはほとんど症状がないこともあります。

貧血の原因

貧血は、血液中のヘモグロビンが減少することで起こるものです。

ヘモグロビンは、鉄分を含むたんぱく質のことです。

ヘモグロビンは、体内のすみずみまで酸素を運んでくれる働きをするもので、不足すると体の酸素不足を起こし、貧血などの症状が表れます。

貧血は鉄分の不足以外にも、病気が原因で発症することもあります。

若い男性では胃や十二指腸の潰瘍や痔、女性では子宮筋腫による月経過多が原因となることが多いです。

さらに男女ともに中高年以降では、胃がんや大腸がんが原因で貧血となることがあり、注意が必要です。

チョコレートは貧血に効果的?有効な成分や健康によい食べ方

カカオの実

チョコレートの原料はカカオです。

その実に含まれる成分には、貧血を改善する栄養素が豊富に含まれています。

ただし、チョコレートならどんな種類でもよいというわけではありません。

健康によいチョコレートを選び、正しく食べることが大切です。

貧血予防や健康増進に効果があるチョコレートの成分や、健康によいチョコレートの選び方や食べ方について見ていきましょう。

貧血に効果があるチョコレートの成分

チョコレートに含まれる、ミネラルやポリフェノール、テオブロミンといった成分についてご紹介します。

鉄などのミネラル

カカオには、鉄をはじめ、カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、銅などといったミネラルがバランス良く含まれています。

鉄は、全身に酸素を運ぶ働きをするヘモグロビンを作るので、貧血の予防に繋がります。

カルシウムとマグネシウムは骨を生成する働きをする成分です。

これら二つが一緒に摂れるので、身長を伸ばすのにもピッタリです。

ポリフェノール

ポリフェノールには、抗酸化作用があることで有名です。

具体的には、血圧低下、動脈硬化予防、美容効果、アレルギー改善、脳の活性化など、大きく分けて5つの効果があります。

血管が詰まり、細くなることで血圧は上昇しますが、ポリフェノールをとることで、血管を広げ血圧を低下させる作用が期待できます。

動脈硬化を引き起こす原因のひとつは、体内に生じる活性酸素によってコレステロールが酸化されること。

ポリフェノールの強い抗酸化力で、酸化を抑える働きが期待されています。

また美容効果については、ポリフェノールが肌老化の原因のひとつである「活性酸素」が引き起こすトラブルを防ぐことが期待されています。

さらにアレルギーの発症にも過剰に作られる「活性酸素」が関わっています。

ポリフェノールは、この活性酸素を生み出すさまざまな因子の働きを抑制することが報告されています。

実は、脳の活性化にもポリフェノールは効果を発揮すると言われています。

脳は加齢とともに記憶や学習などの認知機能が低下します。

ポリフェノールは、脳の栄養といわれる「BDNF」に働きかけ、認知機能を高められる可能性があります。

テオブロミン

聞きなれない言葉かもしれませんが、このテオブロミンはカフェインと似たような効果を持つ成分です。

カフェインと同じく覚醒作用がありますが、カフェインより穏やかに作用します。

ストレスや緊張を解いてリラックスをもたらす効果が高く、自律神経を整える効果もあります。

リラックス効果があるため、咳が止まらないときにもおすすめです。

ただし、この成分は犬にとっては強い毒となります。

もちろん人間には害はありませんが、犬にチョコレートをあげてはいけないと言われているのは、これが原因です。

健康に良いチョコレートの選び方

ポリフェノールは、カカオ成分の高いビターチョコレートやブラックチョコレート、ココアなどに多く含まれています。

しかし、ホワイトチョコレートにはカカオ成分が含まれていません。

健康のためにチョコレートを食べる際には、なるべくカカオ成分が多く、糖質や脂質を抑えたものを選ぶと良いでしょう。

選ぶポイントは、成分表示の先頭が、砂糖ではなく、カカオやカカオバターと書いてあるものを選ぶこと。

また、ミルクチョコレートよりもビター、エクストラビターのチョコレートの方がカカオの含有量が高いので健康に良いです。

チョコレートの健康に良い食べ方

チョコレートは、一度にたくさんの量を摂取しても全てを吸収できるわけではありません。

そのため毎日少しずつ摂取することが理想的です。

健康に良い食べ方は、こまめに少しずつ食べることです。

ポリフェノールは吸収が早い分、効果が持続しにくい特徴があります。

そのため、一気に食べずに時間を置いて食べるのがおすすめです。

チョコレートには糖分が多く含まれるものもあるため、これから活動を控えている朝や午前中に摂取するのが効果的です。

逆に、夜や寝る前に食べることはおすすめしません。

貧血予防に繋がるチョコレートの注意点

チョコレート

貧血予防や健康促進によい成分が含まれるチョコレート。

しかし、ただ食べればよいものでもありません。

健康のためにチョコレートを食べる際の注意点をチェックしましょう。

食べ過ぎは逆効果!

チョコレートは、鉄分の補給やPMS症状の緩和に一定の効果で期待できますが、食べ過ぎはかえって体の不調を招きかねません。

チョコレートは、鉄分やポリフェノールを豊富に含む反面、脂質も多い食べ物です。

特に、高カカオチョコレートは通常のチョコレートと比べると脂質の割合が高いです。

食べ過ぎるとお腹を壊してしまったり、肥満の原因になってしまったりしてしまうので、注意が必要です。

またチョコレートの食べ過ぎは肌荒れの原因にもなってしまいます。

『脂質』「糖質』『食品添加物』をたくさん食べると、皮脂の過剰分泌が起こりやすくなってしまいます。

皮脂の過剰分泌によって、毛穴が詰まり、アクネ菌が増殖することによって、ニキビ・肌荒れが起こってしまいます。

とはいえ、「ビターチョコレートが苦手」、「たくさんもらってしまって、つい食べすぎた!」ということもあるでしょう。

そういうときには、糖分を代謝するために必要となってくるビタミンB群の入った食材を食べておきましょう。

ビタミンB群が入った食材は以下の通りです。

  • 玄米
  • キノコ
  • チーズ類
  • 卵類
  • 赤身肉の入ったもの

これらの食べ物も一緒に摂取して、チョコの糖分を代謝しましょう!

1日の摂取量の目安はどれくらい?

1日どのくらいまで食べて良いのかわからないと思います。

確かにチョコレートは薬ではないので、どのくらい食べれば健康効果があるというのは、わかりませんよね。

1日に食べるチョコレートの量は、35g(板チョコなら1枚の7分目あたりまで)にとどめておきましょう。

厚生労働省・農林水産省が勧めている「菓子・嗜好飲料」の1日の摂取エネルギー量は「200kcal」です。

これはチョコレートだけでなく、ほかのお菓子やアルコールなども含めた1日の摂取量になります。

市販の板チョコ1枚の場合は、およそ280kcalと高カロリー。

つまり板チョコを35g(7分目まで)食べると、すでに1日の最大摂取量を満たしてしまいます。

あくまで適量を食べるようにしましょう。

チョコレートは貧血に効果のある成分が豊富!注意点を守っておいしく健康に

血液中のヘモグロビンが減少することで起こる貧血。

貧血予防に効果がある食品の1つとして、チョコレートが挙げられます。

チョコレートはカカオが主な主成分で、カカオはポリフェノールや鉄が豊富。

鉄は体中に酸素を届けるヘモグロビンの生成の手助けをするので、貧血予防には効果的です。

ただし、健康によい成分がたくさんあるとはいっても、チョコレートには糖質や脂質も多く含まれるので、過剰に摂取しないようにしましょう。

美味しいチョコレートを食べて、体にもよい効果があるなんて嬉しいですよね。

貧血のひどい方や、貧血を予防したい方は適度にチョコレートを食べてみてはいかがでしょうか。

ただ、貧血は重い病気の症状の一つでもあります。

貧血を軽く見ないで、あまりにもひどい貧血が続く場合にはすぐにお医者さんに処方してもらうようにしましょう。

SNSSHARE

この記事をシェアする

WRITER
マーケティング部副部長
松本 しのぶ
続きを見る

美容業界歴24年 2013年ドクターリセラ(株)入社。エステティシャン・広報勤務を経て、オウンドメディア【リセラテラス】を立ち上げる。プライベートでは3人のまご馬鹿グランマ。

関連記事