2021.08.17

飲酒は肌荒れの原因に!対策や肌トラブルを起こしにくいお酒もご紹介

こんにちは!美と健康をサポートするリセラテラスの松本です。

アルコールがお肌に及ぼす具体的な影響を考えてみたことはありますか?

お酒はおいしくストレス解消にもなりますが、飲み過ぎるとお肌に深刻な影響を及ぼしかねません。

飲みすぎはお肌に良くないことは知っているけど、ついつい飲みすぎたり、飲み始めるとやめられないのがお酒ですよね。

今回はアルコールとお肌の関係性についてご紹介します。

飲酒で肌荒れが起こる原因や対策方法もお伝えしますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ビール

飲酒で起こる肌荒れの症状や原因

お酒の主な成分であるアルコールは肝毒性物質です。

肝毒性物質とはつまり、肝臓にダメージを与える物質だということ。

肝臓は肌の機能と密接に関わっているため、肝臓にダメージが多ければ、それが肌にあらわれることになります。

例えば、毎日2杯のお酒を飲み続けると、肌の水分が失われ、炎症や老化、色素沈着などを起こしやすくなると言われています。

ここではお酒を飲みすぎたり、継続的に飲んでいる場合に考えられるお肌のトラブルの種類、トラブルの原因について説明していきます。

ニキビ

お酒の中でもビールや梅酒、日本酒、甘いカクテルなどは糖分を多く含んでいます。

糖分を多く摂取すると皮脂が過剰に分泌され、アルコールによって毛細血管が拡張し皮脂腺が刺激されると、皮脂はなおさら活発に分泌されます。

皮脂が過剰に分泌されると毛穴が詰まり、ニキビができやすい状態になります。

また、お酒を体内に摂取することによって、ビタミンB群を多く消耗するためにお肌の代謝がスムーズにできなくなることも、毛穴が詰まりニキビができやすくなる原因の一つなのです。

これに炎症の原因となるインスリン値の急上昇が組み合わさると、ニキビができる条件は全て揃ったようなものです。

乾燥肌

飲酒は、美容の大敵でもあるお肌の乾燥も招きます。

アルコールが体内に入ってくると「アセトアルデヒド」という成分になります。

この成分は分解する過程において多くの水分を使います。

また、お酒には利尿作用もあります。

水分を摂取しているつもりが、実は排尿によって体内からは水分が奪われ、身体は脱水傾向になってしまいます。

お肌の潤いをキープするための水分まで失われてしまうため、お肌も乾燥します。

さらにアルコールは、水分を再び吸収するのを助けるホルモン「バソプレシン」の生成を阻害します。

つまり、お酒を飲むと水分を強制的に排出し、体が自ら潤いを取り戻すのを妨げてしまうのです。

老化

アルコールを摂取すると、細胞へダメージを与えるばかりか老化を早めるかもしれません。

先に述べた脱水症状が肌のバリア機能を弱め、環境による攻撃を受けやすくなって肌ダメージを受けやすい状態をつくります。

肌ダメージはシワやたるみの原因となり、顔を老けた印象にしてしまうのです。

また、肝臓には細胞のターンオーバーを促し、外的刺激などからお肌を護る強力な抗酸化物質である「ビタミンA」が蓄積されています。

アルコールを摂取することで、その大切な貯蔵分を消耗してしまいます。

赤ら顔

お酒を飲んだら肌が赤くなる人も多いのではないでしょうか。

その原因は毛細血管の拡張にあります。

アルコールには血管拡張剤の作用があるので、血管が拡張しすぎると毛細血管が破裂して、末梢の血管が拡大されたままになります。

飲酒をした次の日まで鼻や頬の周りに赤みが残っているとしたら、そのせいかもしれません。

お酒を飲み続けていると、飲酒していなくても赤ら顔の状態になってしまうケースもあります。

目の下のクマ

お酒そのものがクマを作る原因になるのではなく、飲み会で帰宅時間が遅くなったり、睡眠の質が下がることなどによって目の下にクマができてしまいます。

お酒を飲むと、単純に睡眠時間が短くなるだけでなく、寝ている間もアルコールを分解するために肝臓が休むことができません。

それが深い眠りの妨げになり、浅い眠りが続いてしまうため、睡眠の質が下がりクマができることに繋がります。

そのうえ、肝臓に負担がかかり機能が鈍くなると、肌はくすみ、目の周りに色素沈着を引き起こしてクマとなってあらわれます。

飲酒による肌荒れへの対策は?肌思いな飲み方

タオルで顔を覆う

アルコールの摂取はお肌にさまざまな影響を与えます。

飲酒による肌荒れを少しでも防ぐにはどんな方法があるでしょうか?

すぐに実践できることもたくさんあるので、ぜひ参考にしてみてください。

1.おつまみを見直す

アルコールが胃腸や肝臓に与える影響を考えて、おつまみをチョイスしましょう。

おつまみとしてありがちな脂肪分の多いポテトやピザなどは避けておきましょう。

また、お酒で内臓が冷えてしまうため、冷たいおつまみばかりとるのもよくありません。

体を冷やさないように火の通った焼き魚や温かい煮物などを選びましょう。

アルコールの分解を助けてくれるたんぱく質やビタミンB1を多く含む食べ物をおつまみに取り入れるとなお良いですね。

特に卵焼きや枝豆、イカやカキなどの海の食べ物がおすすめですよ!

2.お酒の種類を変えよう

つい飲み過ぎてしまいがちなビールやサワー、カクテルなどをメインにしないようにしましょう。

喉ごしが良いお酒は一杯に抑え、ワインや日本酒、焼酎のお湯割りなど、喉ごし重めなものをメインにすると良いでしょう。

あらかじめ飲む量を決めておくのもいいですね!

お酒を飲むと一時的に体が熱くなりますが、しばらくすると体温が下がる傾向にあるので、冷えたお酒の飲みすぎには十分に注意しましょう。

3.水を用意しましょう

お水を飲みながらお酒を飲むことで、体の中の濃くなったアルコール濃度を緩和してくれたり、二日酔い防止や飲み過ぎ防止にも繋がります。

また、アルコール分解のために体内の水分を多く消費し、アルコールの利尿作用で体内の水分が排出され、体が脱水症状を起こしやすい状態になっています。

アルコール摂取の際には一緒に水を飲むようにしましょう。

4.その日のうちに帰宅しよう

日付が変わる前には帰宅するように心がけ、メイクをしっかり落としてちゃんと布団で寝るようにしましょう。

睡眠不足とお肌の汚れは、肌荒れに即直結します。

お肌への影響が多いアルコールを摂取した日には、いつもより念入りに保湿などのスキンケアを行いましょう。

帰宅後はダラダラとせず、スキンケアが終わったら早めに布団に入りましょう。

質の良い睡眠は、アルコールによるダメージの回復を促します。

5.治らない場合は皮膚科へ

肌荒れは時間と共に自然と治る場合もありますが、スキンケアをしても治りにくいケースもあります。

特に炎症症状が続いたり、ニキビが悪化してしまったりニキビ跡になってしまった場合は、自分で対処せず皮膚科などの専門医に相談した方がよいでしょう。

適切な処置を受けることで、跡を残さずにきれいに治すことも可能です。

飲酒しても肌荒れを起こしにくいお酒は?

アルコールは肌トラブルの原因にもなるとはいえ、お酒を我慢しすぎるとストレスの原因になり、これもお肌にはよくありません。

そこで、飲酒しても比較的お肌に優しいお酒をご紹介します。

ただし、飲みすぎはNG!

適度な量を守って飲むようにしましょう。

①ハイボール

ウイスキーはカロリーが他のお酒に比べて低く、蒸留酒のため糖分が少なくなっています。

糖分摂取を控えておいしくお酒を飲むことで、シワなどの悪影響を避けることができます。

②日本酒

日本酒には比較的糖分が多く含まれています。

「糖分が多いとお肌に悪いんじゃないの?」と思うかもしれないですが、日本酒を飲む量に比べるとカロリーも糖質も高くありません。

また、日本酒の原料である「麹」は最近お肌にも良いと話題です。

③マッコリ

種類は少し日本酒に似ていますが、マッコリには美肌効果が含まれます。
その理由としては乳酸菌と食物繊維にあります。

これらを摂取することで、便秘やニキビを解消することが期待できます。

④赤ワイン

赤ワインに豊富に含まれているポリフェノールには、腸内環境を整えたり肌のハリがキープできたりと、さまざまな美容効果が期待できます。

ポリフェノールには抗酸化作用があるため活性酸素を減らす効果があり、エイジングケアの効果もあります。

飲酒による肌荒れの原因を知って対策しよう!

今回はアルコールとお肌の関係性についてお話してきました。

アルコールがお肌に及ぼす影響は、思った以上に深刻なものだったと感じられたのではないでしょうか?

飲酒によって、ニキビや乾燥肌、老化、赤ら顔、クマなどさまざまな肌トラブルにつながる可能性があります。

対策としては、脂肪分の多いおつまみは控えたり、お酒の種類を見直してみましょう。

水をしっかり飲んだり、その日のうちにメイクオフやスキンケアをして早く寝ることも大切ですよ。

飲んでも肌トラブルを起こしにくいお酒には、ハイボールや日本酒、マッコリなどがあります。

とはいえ、一度に飲みすぎたり、アルコール摂取の頻度が多すぎると元も子もありません。

節度を守ってお肌に負担を与えない程度に、お酒を楽しみましょう!

松本 しのぶマーケティング部副部長

美容業界歴24年 2013年ドクターリセラ(株)入社。エステティシャン・広報勤務を経て、オウンドメディア【リセラテラス】を立ち上げる。プライベートでは3人のまご馬鹿グランマ。

facebook

twitter

line