• #美肌

海洋深層水の肌へのパワーとは?特徴や効果的なとり入れ方も紹介

こんにちは!美と健康をサポートするリセラテラスの松本です。

美容や健康に良いとされる「海洋深層水」ですが、実際にどのようなお水かご存知でしょうか?

生きるうえで必要不可欠な水。

「水」と一言でいっても様々な種類があり、その特徴や影響もそれぞれ違うので、どれを選んで良いのかわからなかったり、何が違うのか疑問に思ってしまいますよね。

今回は「海洋深層水」とはどんな水なのかをご紹介します。

海洋深層水の特徴や、肌にどんな影響をもたらしてくれるのか、効果的に海洋深層水をとり入れる方法もお伝えしますね。

海洋深層水

海洋深層水とは?特徴もご紹介

海洋深層水は水深200mよりも深いところから汲みだした海水のことをいいます。

一般的に水深200m以下は太陽の光がほとんど届かず、植物プランクトンが光合成をおこなえず生息できない環境のために無機栄養塩が豊富に含まれています。

また、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが非常にバランス良く含まれていることも魅力の一つとしてあげられています。

深海水は高水圧の中、永い年月をかけ熟成され、多種の微量なミネラルが溶け込んでいます。 このミネラルバランスは、人体中に含まれるミネラルバランスと似ているともいわれています。そのため身体の機能を高めることも期待できると考えられているので「美容や健康に良い」と称され、多くの方が研究をしています。

さらに清浄性も大きな特徴です。

海洋深層水は海の深水なので生活や産業によって汚染された排水の影響を受けにくい性質があります。

また、年間を通して水温が9℃~12℃と低い水温で安定する性質があるために、水質を悪化させる細菌や有機物、病原菌などがいないという点でも清浄な水なのです。

海洋深層水が持つ肌へのうれしい影響

海洋深層水が持つ肌へのうれしい影響

人体中に含まれるミネラルバランスと似ているともいわれている海洋深層水は、健やかな肌に導いてくれます。

海洋深層水が持つ肌への影響を見ていきましょう。

バリア機能を修復して肌を潤す

皮膚には体外からの異物の浸入を防ぎ、体内からは水分の蒸散を防ぐ肌のバリア機能があります。

このバリア機能が低下すると、角質層の保湿成分であるNMF(天然保湿因子)や角質細胞間脂質(セラミド)が減って肌が乾燥してしまいます。

肌のバリア機能の回復を促してくれるのが、海洋深層水に含まれるマグネシウムなどの無機塩類といわれています。

海洋深層水に溶けた天然ミネラル成分が、NMFやセラミドの生成の促進をサポートしてバリア機能を整えてくれるのです。

肌の弾力がアップ

肌細胞が代謝して新しい細胞を作るターンオーバーが正常に行われることで、弾力のある若々しい肌を保つことができます。

しかしミネラルが不足するとターンオーバーが乱れてしまいます。

海洋深層水は必須ミネラルがバランスよく含まれているため、肌細胞の代謝機能を整えてくれるのです。

また、十分な水分を補給することで、真皮の中のコラーゲンにも水分が行き渡ります。

肌に水分が不足しているとコラーゲンを作り出す線維芽細胞の働きも弱くなってしまいます。

十分な水分を摂取することでコラーゲンを生み出し、シワやたるみの予防につながります。

肌トラブルの改善サポート

海洋深層水はミネラルをバランスよく含んでいるので、アトピー性皮膚炎の改善サポートとして肌本来の機能を活性化し、肌トラブルの改善サポートにもつながるといわれています。

分子が小さく、浸透力が高いことから美容にも効果が期待できるとして注目を集めています。

病気の予防や健康促進

海洋深層水にはカルシウムやマグネシウムが豊富に含まれているため、血液中のカルシウムとマグネシウムのバランスを保ち、血行改善や動脈硬化の防止につながるといわれています。

血液中のカルシウムとマグネシウムのバランスが保たれると、血の巡りが良くなるので冷え性や肩こりを改善し、さらには高血圧や脳梗塞、心筋梗塞といった命を脅かす疾患を起こしにくくなります。

また、マグネシウムは便秘を解消してくれたり、片頭痛が改善したりするなどの働きがあるといわれていますので、海洋深層水の栄養素は健康的な身体づくりをサポートするためにとても適しています。

海洋深層水を効果的にとり入れるには?こんな利用方法がある!

海洋深層水は、化粧水や入浴剤、タラソテラピーなどを利用して肌からとり入れることができます。

もちろん、そのまま飲んでとり入れることもできますよ。

日本では海洋深層水を「タラソテラピー」に利用している施設もあります。

肩こりや腰痛の改善、疲労回復などリラックス効果が期待できるとして、リゾート施設やリラクゼーション施設、エステサロンでも取り入れているそうです。

海洋深層水は、一般的には「清涼飲料水」としてペットボトルなどで販売されています。

ドクターリセラでも、海洋深層水を独自のブレンドで生み出した「リセラウォーター」を店頭やwebで販売しています。

また、その海洋深層水を使用して独自の調合バランスで作られている「αGri-X」は約20年以上化粧水や美容液、石けんなどドクターリセラの製品づくりを支える基盤の「水」として使用しています。※一部製品を除く

海洋深層水は色々なかたちで美容と健康を保つために活用されているんですね。

海洋深層水を上手にとり入れて健やかな肌へ

一般的に海洋深層水とは、水深200mよりも深いところから汲みだした海水です。

飲水として販売されているだけでなく、化粧水や美容液などの商品にも利用されています。

「タラソテラピー」として、リゾート施設やスパなどでも活用されていますよ。

今回のコラムで海洋深層水の魅力が少しでも伝わり、身近に感じてもらえれば嬉しいです。

ぜひ、普段の生活の中に海洋深層水をとり入れてみてください。

きっと美しく健康的な毎日に導いてくれるはずですよ。

SNSSHARE

この記事をシェアする

WRITER
マーケティング部副部長
松本 しのぶ
続きを見る

美容業界歴24年 2013年ドクターリセラ(株)入社。エステティシャン・広報勤務を経て、オウンドメディア【リセラテラス】を立ち上げる。プライベートでは3人のまご馬鹿グランマ。

関連記事