Language

メニューを閉じる
  • #美肌

秋の肌荒れの原因は?スキンケアを見直して肌トラブルを対策!

こんにちは!美と健康をサポートするリセラテラスの松本です。

「お肌の赤みが気になる」「鏡を見るのが嫌になる」そんなお悩みはありませんか?

特に秋から冬にかけては1年で1番空気が澄み、乾燥してくる季節のため、肌の感度が上がったり、肌トラブルを感じやすくなります

そこで今回は、秋に肌荒れしてしまう原因を詳しく解説します。

原因を知り、少しでも対策ができるよう事前に備えておきましょう。

肌トラブルを起こしやすい秋だからこそ気を付けたいスキンケアのコツも紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

秋に起こりやすい肌荒れの主な症状

朝晩が涼しくなってくる秋は、以下の肌トラブルが気になる方も多いでしょう。

  • カサつき
  • 毛穴の開き
  • ニキビ・吹き出物
  • 湿疹・皮膚炎
  • シミ・くすみ
  • ハリの低下

肌荒れの初期症状として多いのは、カサつきです。

秋になって涼しくなると血行不良が起こり、カサカサとしてキメが乱れ、毛穴が開いて目立ち始めるのと同時に手触りがザラっとして硬く感じます。

そこからさらに乾燥が進み、皮脂分泌の乱れも重なってニキビや吹き出物ができてしまうこともあります。

顔の赤みや湿疹、ピリピリとしたかゆみを伴う症状などは進行すると皮膚炎などが長引き、敏感肌にもつながりかねません。

さらに夏の紫外線によって肌は大きなダメージを負っているため、秋になるとシミやくすみが目立ってくるということも珍しくありません。

紫外線は肌の内部にまで影響を与えるため、ハリの低下にもつながります。

秋の肌荒れの原因を解説!気温による乾燥だけではない?

秋になるとさまざまな肌トラブルを抱える人が増えてきますが、その原因はいったいどんなものなのでしょうか。

気温や湿度の低下による乾燥は原因の1つとして簡単に想像できますが、実は秋の肌荒れの原因はそれだけじゃないんです。

1つずつ詳しく解説していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

原因①夏の強い紫外線による肌の疲れ

夏は紫外線をたくさん受ける季節ですよね。

日焼け止めや日傘などのUVケアをしていても、紫外線によるダメージは避けきれないもの。

肌老化の約80%が紫外線の影響ともいわれているほど、紫外線の影響力は大きいのです。

夏に浴びた紫外線は肌の内部に影響し、肌表面のシワやたるみを引き起こします

他にも汗をかいたまま放置していたり、冷房が効いた部屋にずっとこもっていたりするのも肌が疲れる原因の1つです。

秋が来る前にしっかりと対策をしておくことが肝心です。

そして、夏の疲れを取るためには、肌の水分と油分のバランスを整えてしっかりと栄養素を届けておくことが大切です。

ビタミンCをいつもより多く取り入れた食生活を心がけ、内側から栄養を与えることが大切になってきます。

外側から肌を整えるスキンケア方法については後ほど詳しく解説しますね。

原因②秋の花粉による刺激

花粉と聞くと春をイメージする方も多いと思いますが、実は秋にも花粉は飛んでいます。

秋はイネ科やキク科、ブタクサ属など小さめの雑草の花粉が多く、肌に付着したり鼻から吸い込んだりしやすいのです。

夏の疲れが取れていない肌は秋の花粉にも敏感に反応してしまい、肌荒れやかゆみを引き起こしてしまいます。

敏感肌の人は、特に秋の花粉の影響を受けやすいため、マスクなどを使って対策するようにしましょう。

上着は玄関先で脱ぐなど、家の中に花粉を持ち込まないようにする工夫も大切です。

原因③ストレスによるバリア機能の低下

気温の変化や花粉の対策をしても毎年肌トラブルが起こるという方も少なくありません。

実は、季節の変化によるストレスも肌トラブルの原因の1つとして考えられるのです。

仕事や恋愛が不調なときに肌トラブルが起きやすいように、心と肌は密接につながっています。

心にストレスがかかると血管が収縮し、血行不良やバリア機能の低下を引き起こすためです。

また、1日中暑い夏から涼しい秋に季節が変化すると、温度差により体調を崩してしまうという方も多いと思います。

急な気温の変化に体がついていけず、ホルモンバランスが乱れることによって体調を崩したり肌荒れを起こしたりします。

季節が変わる時期には、ストレスをためないこと、睡眠をしっかりととることが必要不可欠です。

栄養バランスに気を付けながら、夜更かしをしない生活を心がけましょう。

あわせて読みたい

秋の肌荒れを防ぐためのスキンケア方法を紹介

気温や湿度の変化、その他さまざまな原因により肌トラブルが起こりやすい秋。

日頃のスキンケアを見直すだけでも肌の調子を整えることができます。

秋の肌荒れを防ぐためのスキンケア方法を2つ紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

①ダメージから肌を守るケアを行う

秋の肌荒れを防ぐために大切なポイントは、肌のバリア機能を正常な状態に戻す、あるいは保つということになります。

そのために、肌に余計なダメージを与えないようにしましょう。

まず重要なのは、日々のクレンジングや洗顔で皮膚表面に付着した刺激物をきれいに取り除くことです。

ただしクレンジングや洗顔料自体の洗浄力が強すぎると、肌に良くないので注意してくださいね。

正しいクレンジング・洗顔を行い、その後のスキンケアでしっかりとうるおいを与えましょう!

②使用するスキンケアを季節や肌の調子ごとに変える

スキンケアの方法に気をつけることは大切ですが、それと同じくらい「何を使うか」も重要です。

季節や体調によって肌の状態は日々変化しているため、それに合わせたスキンケアアイテムを使うのがおすすめです。

乾燥で肌がカサカサしているときには保湿力の高いアイテム、反対に油分が多いと感じるときにはさっぱりとした使用感のアイテムを使うと良いでしょう。

シートマスクやクリームなど、スペシャルケアアイテムも揃えておくと急な肌トラブルにも対応できますよ。

秋の肌荒れの原因は1つじゃない!理由を知って対策しよう

暑い夏が終わり過ごしやすくなってくる秋、肌は非常に敏感になります。

秋になるとカサつきやベタつきニキビやシミなどが気になるという方も少なくないでしょう。

秋に肌荒れを引き起こす原因としては気温や湿度の低下による乾燥が考えられますが、実はそれだけではありません。

夏の紫外線による肌の疲れ花粉による刺激肌ストレスによるバリア機能の低下などが考えられます。

秋に起こる肌トラブルを少しでも軽減するには、日ごろのお手入れが肝心です。

ダメージから肌を守り、しっかりとうるおいを与えるようにしましょう。

季節や体調によってスキンケアアイテムを変えてみるのもおすすめですよ。

ドクターリセラでは、肌に優しい無添加化粧品※を多数取り扱っています。

お一人おひとりの肌のお悩みに優しく寄り添い、肌を健やかに導くアイテムをラインナップしています。

肌に優しいメイク製品もご用意していますので、ぜひチェックしてみて下さいね!

※石油系合成界面活性剤、パラベン(防腐剤)含む旧表示指定成分、合成香料、合成着色料、鉱物油不使用

あわせて読みたい
SNSSHARE

この記事をシェアする

WRITER
マーケティング部副部長
松本 しのぶ

美容業界歴24年 2013年ドクターリセラ(株)入社。直営エステ事業部・広報部・品質保証部を経て、現マーケティング部にて【公式HP】【リセラテラス】を運営。プライベートは3人のまごのグランマ。

ホットキーワード
関連記事

過去の記事

美と健康の最先端はリセラテラスから メールマガジン登録
美と健康の最先端はリセラテラスから メールマガジン登録