Language

メニューを閉じる
  • #美肌

50代のエイジングケアのポイントは?身体の変化に合わせたケアを

こんにちは!美と健康をサポートするリセラテラスの松本です。

50代になると多くの方が更年期から閉経を迎えます。

身体や肌にさまざまな変化が起こることを前提として考え、健康とエイジングケア※1を改めて考え直す必要があることを頭に入れておきましょう。

今までエイジングケア※1をしていなかった方も、スキンケアの方法を見直してみてはいかがでしょうか。

今回は、50代の身体や肌にどのような変化が起きるのか、エイジングケア※1の具体的なポイント、逆効果になってしまう化粧の方法などもご紹介します。

※1 この記事におけるエイジングケアとは、年齢に応じたケアのことを指します。

鏡を見る女性

50代の身体や肌に起きる変化とは?

50代は現代ではまだまだ若い世代ですが、更年期や閉経などによって身体が変化していく時期です。

50代の女性の身体にどのような変化が起きるのか見ていきましょう。

身体や精神面の変化

更年期を迎えると女性ホルモンが大きく減少するため、肉体的にも精神的にもさまざまな症状が現れます。

例えば、多汗、のぼせ、寒気、冷え性、息苦しさ、動悸、胸痛、頭痛、肩こり、めまい、疲れやすい、物忘れ、耳鳴りなどといった症状が見られる方が多いです。

判断力や集中力の低下、不眠、不安感、憂鬱などの精神面の症状も現れやすくなります。

また、50代になると皮膚や粘膜の乾燥、湿疹、発汗、ドライマウス、ドライアイといった症状や、腰痛、関節痛、吐き気、食欲不振などに悩まされる方も増えてきます。

肌の変化

50代の多くの女性は更年期や閉経を迎え、肌の状態が大きく変わります。

閉経によって女性ホルモンが減少してコラーゲンの生成量が減ってしまうことが原因の一つとなって、肌のハリが維持しにくくなってしまいます。

また、肌の水分量や皮脂量が減少して乾燥しやすくなり、紫外線や摩擦によるダメージも受けやすくなります。

さらに肌のターンオーバーの周期が長くなり、肌が新しく生まれ変わるスピードが遅くなります。

20代の頃は、ターンオーバーの周期が約28日周期といわれていますが、50代になると約55日周期と約2倍に。

これらの変化が要因となり、肌のハリが失われ、シワやたるみ、シミなどが目立つことが多くなってきます。

50代のエイジングケアのポイント

微笑む女性

肌トラブルが目立ってくる50代には、正しいポイントを押さえたエイジングケア※1が重要です。

具体的にどのようなケアをしたら良いのかご紹介します。

栄養バランスのよい食事で女性ホルモンのバランスを整える

閉経によって女性ホルモンのバランスが乱れやすいので、ホルモンバランスを整える食生活を意識することが大切です。

女性ホルモンを増やしたり整えたりする特定の食材というものはありませんが、栄養バランスの良い健康的な食事を適量食べることが女性ホルモンの正常な分泌をサポートしてくれます。

1食で食べる品目をなるべく多くし、脂質や糖質が多すぎるものは食べ過ぎないように心がけましょう。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをしてくれるといわれているため、豆腐や納豆、豆乳などの大豆製品を食事に取り入れるのもいいですね。

もちろん大豆製品に偏りすぎず、コラーゲンを作るアミノ酸を多く含む動物性タンパク質や、エネルギー源になる炭水化物なども適量食べるのがおすすめです。

さらに、体の酸化が進むのを抑える食品もエイジングケア※1には大切です。

ビタミンA・C・E、ポリフェノール、ミネラル、βカロテンなどを含むきのこや海藻類、玉ねぎやかぼちゃ、キャベツといった野菜などがおすすめです。

あわせて読みたい

肌の状態に合わせて化粧品を変える

50代になると肌や身体の状態が変化するので、今まで使っていた化粧品が肌に合わなくなることもあります。

もしも肌トラブルなどが起こるようになったら、より肌への刺激が少ない無添加化粧品などに切り替えるのもオススメです。

加えて、50代は肌自体のバリア機能も低下しやすくなりますので、肌トラブルに悩むことも多くなります。

どんな化粧品が自分に合っているのかわからない場合には、エステティックサロンなどで正しい肌の知識を持ったプロにエイジングケア※1の相談をしてみることをおすすめします。

また、ドクターリセラでは無添加※にこだわった肌に優しい化粧品を多数取り扱っています。

ドクターリセラの美容液「透輝の滴 (とうきのしずく)」は角質層までうるおいやエイジングケア※1成分を届け、年齢サインが目立つ肌にアプローチします。

若々しい印象の素肌を目指しましょう!

※石油系合成界面活性剤、パラベン(防腐剤)含む旧表示指定成分、合成香料、合成着色料、鉱物油不使用

あわせて読みたい

紫外線対策を徹底する

年齢とともに、肌を外部の刺激から守る「バリア機能」は低下していきます。

特に紫外線肌の乾燥を引き起こし、シミやシワの原因となるなどさまざまなダメージを与えるため、しっかりと対策して肌を守りましょう。

紫外線対策には、日焼け止めクリームを塗ったり上着や帽子を着用することが効果的です。

さらに、肌をしっかり保湿することも紫外線対策になりますよ。

あわせて読みたい

50代のNGエイジングケアは?

年齢を重ねると肌のターンオーバーのスピードが遅くなり色素が蓄積しやすくなるため、くすみやシミ、クマが気になってきますよね。

ついついファンデーションやコンシーラーを厚塗りして隠してしまいたくなることもあるのではないでしょうか。

ですが、ファンデーションやコンシーラーには油分や化学物質なども多く含まれているものが多く、肌に負担をかけてしまう可能性も。

そのため、弱くなった肌に余計な負荷をかけてしまう原因になりますし、厚塗り化粧はかえって老けた印象を与えてしまうことも。

エイジングケア※1でしっかり基礎から整え、肌本来の力をサポートしキレイな素肌を取り戻しましょう。

隠すためのメイクに頼り過ぎず、まず素肌と向き合うことが大切です。

50代のエイジングケアは内側と外側から

50代になると、肌や身体などにさまざまな変化が見られるため、変化に合わせてスキンケアも変えていかなくてはなりません。

栄養バランスの整った食事を心がけ、肌トラブルがあれば使う化粧品を見直してみましょう。

どんなエイジングケア※1化粧品を選んだら良いのかわからない場合は、エステティックサロンなどで専門的な知識のあるプロに、今必要なケアを相談してみるのもおすすめです。

エイジングケア※1には、紫外線対策も大切ですよ!

肌のシミやクマが気になるからといって、化粧を厚く塗ってカバーするのは逆効果

肌にさらに負担をかけることになってしまいます。

正しいスキンケアを行なって、素肌に向き合ってみてくださいね。

ドクターリセラでは、肌に優しい無添加化粧品※を多数取り扱っています。

お一人おひとりの肌のお悩みに優しく寄り添い、肌を健やかに導くアイテムをラインナップしています。

※石油系合成界面活性剤、パラベン(防腐剤)含む旧表示指定成分、合成香料、合成着色料、鉱物油不使用

あわせて読みたい
SNSSHARE

この記事をシェアする

WRITER
マーケティング部副部長
松本 しのぶ

美容業界歴24年 2013年ドクターリセラ(株)入社。直営エステ事業部・広報部・品質保証部を経て、現マーケティング部にて【公式HP】【リセラテラス】を運営。プライベートは5人のまごのグランマ。

ホットキーワード
関連記事
美と健康の最先端はリセラテラスから メールマガジン登録
美と健康の最先端はリセラテラスから メールマガジン登録