• #無添加

​布ナプキンのメリット・デメリットは?種類や使い方もご紹介!

こんにちは!美と健康をサポートするリセラテラスの松本です。

布から作られている生理用品「布ナプキン」

​布ナプキンは​女性の体がデリケートになる生理中でも、肌ストレスなく過ごせるアイテムです。

しかし、気にはなっているけど、使い方がいまいち分からず、なかなか踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、布ナプキンのメリット・デメリットや、使い方などをご紹介します!

布ナプキンを使ってみたいと思っている方はぜひ参考にしてみて下さいね!

布ナプキンとは?こんなお悩みの方におすすめ

布ナプキンとは、布から作られている生理用ナプキンのことです。

通常のナプキンは紙製ですが、ホルモンバランスが崩れがちな生理中に使い捨て紙ナプキンを使用することで、かゆみやかぶれといったつらい肌ストレスにお悩みの方も多いのではないでしょうか。

布ナプキンは、下着と変わらない付け心地で肌への刺激も少ないので、デリケートゾーンのかゆみやかぶれも軽減してくれます。

布ナプキンはこんな悩みの方におすすめですよ。

  • デリケートゾーンのかぶれやかゆみに悩んでいる方
  • 蒸れやニオイに悩んでいる方
  • 冷え性の方

布ナプキンでこのような悩みを解消できるかもしれません。

そして、使い捨ての生理用紙ナプキンと違って、洗って何度も繰り返し使うことができるのでゴミが出ません

布ナプキンは体にも環境にもやさしい、とてもエコなアイテムなのです。

布ナプキンのメリット・デメリットとは?

布ナプキンには生理中の悩みに嬉しいメリットがたくさんあります。

しかし、デメリットもあるため、それが気になってなかなか踏み出せない理由になっているのではないでしょうか。

布ナプキンのメリットとデメリットを比較して、ご自分に合いそうかどうかを考えてみましょう。

布ナプキンのメリット

①蒸れやニオイが気にならない

使い捨てナプキンのあの嫌なニオイは、使い捨てナプキンに含まれる経血を固める物質が血液と反応してでるニオイと言われています。

通気性が良く蒸れにくい布ナプキンなら、イヤなニオイも気になりません

②かゆみやかぶれが軽減される

一般的な使い捨てナプキンは紙でできているため、敏感肌の方はかゆみやかぶれが起こってしまうことがあります。

一方、通気性の良いコットンなどで作られている布ナプキンなら、肌に優しく、かゆみやかぶれが軽減されたという人も多いですよ。

③繰り返し使えて経済的

洗って何度も使えるので、一度買ってしまえば長期間使えます。

最初は購入費用がかかりますが、長い目で見るとかなり経済的です。

④ゴミが出ない

使い捨てナプキンを使用しているとゴミが大量に出てしまうので、処理を面倒に感じている方も​多いでしょう。

布ナプキンは洗って何度も使えるので、ゴミの処理に悩むことはなくなります。

何よりゴミがなくなるのでとてもエコです。

⑤自分の体と向き合える

布ナプキンは自分で洗って使うため、必ず生理の状態を見ることになります。

経血の量や色など確認できるので、体の変化に気づきやすくなるでしょう。

⑥買い置きが不要

生理用品を毎月ストック管理する手間がありません。

うっかり買い忘れてしまった時や、災害時の時にも布ナプキンがあれば安心です。

⑦冷えが解消される

布ナプキンは優しいコットンを使用しているので、冷たさを感じずふんわりとした心地よい肌触りの生地が、からだをやさしく温めてくれますよ​。​

布ナプキンのデメリット

①洗濯に手間がかかる

布ナプキンのデメリットで1番気になるのは洗濯なのではないでしょうか。

実は慣れれば意外と手間はかかりません。

入浴時にまとめてつけ置き洗いをして、その後ネットに入れて洗濯機で洗えば、汚れもきれいに落ちますよ。

②使用済みの布ナプキンの持ち歩き

外出時に布ナプキンを替えた時は、使用済みの布ナプキンを密閉できるビニール袋などにいれて持ち帰ります。

今まで捨てていたものを持ち帰るのは抵抗がある人もいるかもしれません。

ニオイが気になる方は、消臭機能付きのポーチなどに入れておくと安心ですよ。

③モレが心配

布は吸収力はあるのか、漏れてしまわないか不安になりますよね。

布は吸収力が高く、何層かに重ねることで吸収力がより高くなるように作られています。

パッドやシートを組み合わせて工夫することもできますので、必ずしも使い捨てナプキンより漏れやすいということはありません。

布ナプキンの種類や使い方もチェック!

布ナプキンにも昼用・夜用、羽ありなどの種類があります。

自分に合った使いやすいものを選んでくださいね。

どんな種類があるのか、使い方も合わせてチェックしてみましょう。

布ナプキンの種類

一体型

一体型の布ナプキンは、羽根つきの使い捨てナプキンと同じような形で、​吸水体とナプキンホルダーが一体となっています。

1枚で使えるので、初めて布ナプキンを使う方にもピッタリです。

ホルダー&プレーン交換型

ナプキンホルダーにハンカチタイプの吸水体をセットして使用する、ホルダーと吸水体が分かれているタイプ​。

洗濯の後に乾くのも早いので、とても便利です。

ドクターリセラが手がける、暮らしに寄り添ったブランド「cocochia(ここちあ)」でも、使う人の肌を想う布ナプキン「ふわここ」を取り扱っています。

最高級素材“今治産タオルガーゼ”を使用した、ふんわりとした心地よい肌触りの生地が、女性のからだをやさしく温めてくれますよ。

一体型の「ふわここ レギュラー」はまんなか吸収体で多い日も安心!

中にパイル吸収体2枚と防水布を挟んでしっかりカバーしてくれます。

ふわここ フリー」は4つ折り〜2つ折りにして使用するなど、使い方は自由

羽ありタイプと併用することで、多い日もさらに安心です。

初めての方に​は「​ふわここ スターターセット」がおすすめですよ!

布ナプキンの使い方

使い捨て紙ナプキンと同じように、経血の量に合わせて使いやすいものを選んで下さい。

防水布が入っていると、量の多い日でも安心ですよ。

羽付きタイプには羽根の部分にスナップが付いているので、使い捨て紙ナプキンと同様にショーツに固定して使うとずれないでしょう。

初めて布ナプキンを使う方は、生理終わりかけの量の少ない日や休日に始めてみるのがおすすめです。

布ナプキンの使い心地の良さを、まずは試してみて下さいね。

メリットがたくさんの布ナプキンで、生理期間も快適に!

布ナプキンは布から作られている生理用ナプキンのこと。

かゆみやかぶれの解消や、蒸れやニオイを防いでくれたり、冷えを改善してくれたりと、女性に嬉しい効果がたくさんあるんです。

そして、布ナプキンは繰り返し洗って使えるので、ゴミが出ずとってもエコ。

肌にも地球にもやさしいアイテムなんですよ。

洗濯や漏れが心配などデメリットもありますがそれ以上に使い心地が良く、もっと早く布ナプキンを試してみればよかったという方も多いです。

生理中のデリケートな​期間は、心地よい肌触りの布ナプキンでストレスフリー​な​生活を送りましょう!

ドクターリセラが手がける、暮らしに寄り添ったブランド「cocochia(ここちあ)」では布ナプキンをはじめとした、天然素材や無添加にこだわりぬいた暮らしのグッズを取り扱っています。

ぜひチェックしてみて下さい!

SNSSHARE

この記事をシェアする

WRITER
マーケティング部副部長
松本 しのぶ

美容業界歴24年 2013年ドクターリセラ(株)入社。直営エステ事業部・広報部・品質保証部を経て、現マーケティング部にて【公式HP】【リセラテラス】を運営。プライベートは3人のまごのグランマ。

ホットキーワード
関連記事

過去の記事

美と健康の最先端はリセラテラスから メールマガジン登録
美と健康の最先端はリセラテラスから メールマガジン登録