• #無添加

無添加洗剤が赤ちゃんにおすすめな理由とは?選ぶ基準や避けるべき成分

こんにちは!美と健康をサポートするリセラテラスの松本です。

赤ちゃんの肌は非常にデリケートです。

そのため、赤ちゃんの肌に触れるものに気を使っている方は多いですよね。

赤ちゃんの肌に直接触れる衣類をこだわるのはもちろん、その衣類を洗濯する洗濯洗剤も、無添加のものなど肌に優しいものを選びたいものです。

今回は、赤ちゃんに対して無添加洗剤を使う理由について。

選ぶポイントや赤ちゃんにとって避けた方がよい成分などをご紹介します。

ベビー服

赤ちゃんの服は無添加洗剤がおすすめ!その理由とは

デリケートな赤ちゃんの肌。

赤ちゃんの肌は大人の肌と比べて厚みが半分ほどしかないため、バリア機能が低く、少しの刺激でも肌が荒れてしまう恐れがあります。

赤ちゃんの肌に触れるものはできるだけ優しいものを選びたいと思っている方も多いと思いますが、それは洗剤も同じ。

化粧品と同じように、洗剤にも界面活性剤が使用されています。

なかでも、石油系由来のものが配合されている洗剤も多く、肌にずっと触れ続ける衣類をそのような洗濯洗剤で洗うと、赤ちゃんは大人よりもさらに刺激を受けやすくなってしまいます。

大人ももちろんですが、赤ちゃんには、肌に優しい成分で作った洗濯洗剤を使うのが良いでしょう。

赤ちゃんには肌に優しい無添加洗剤を

赤ちゃんの衣類の洗濯には専用のベビー用洗濯洗剤もありますが、大人と赤ちゃんが洗濯洗剤の種類を変える場合、別々に洗濯しなくてはならないため手間がかかります。

そんなときは、家族みんなの洗濯洗剤を、無添加のものに変えるのがおすすめ。

「無添加洗剤」とは、石油系合成界面活性剤や蛍光増白剤、合成香料、抗菌剤といった特定の成分などを一切配合していない洗剤のことです。

無添加洗剤は刺激が少ないため、赤ちゃんの衣類だけでなく、口に入れてしまう布のおもちゃなども安心して洗濯できますよ。

赤ちゃんに安心な無添加洗剤、選ぶポイントや避けた方がよい成分は?

無添加洗剤

無添加洗剤には、植物由来成分配合のもの、皮膚科医監修のもと肌テスト済みのもの、食品成分100%で口に入っても安心なもの、水と純石けん分のみにこだわったものなど、さまざまな種類があります。

購入前にその商品の成分表示やホームページを必ずチェックしましょう。

また、液体のものと粉末のものがあります。

ドラム式洗濯機を使用している方は、相性の良い液体タイプがおすすめです。

液体タイプは洗剤が溶け残って衣類に付着する心配がありません。

また、軽量が簡単なので、洗濯に手間をかけたくない方は液体タイプが使いやすいでしょう。

一方、粉末タイプは洗浄力が高いという特徴があるので、しっかり汚れを落としたい方におすすめです。

ただし、粉末タイプは液体タイプに比べて溶けにくいため、ぬるま湯などで一度溶かしてから洗濯機に投入した方が安心です。

赤ちゃんの洗濯には避けた方がよい成分もチェック!

敏感な赤ちゃんの肌には、刺激になってしまう成分を配合した洗剤の使用は避けたいところ。

とくに避けたい成分としては、刺激が強い「合成界面活性剤」をはじめ、アレルギー反応を引き起こす可能性もある「蛍光増白剤(蛍光剤)」、洗濯後の残留成分が多い「合成香料」、殺菌効果が強い「抗菌剤」などが挙げられます。

無添加洗剤と一言で言っても、どの成分を排除しているかは成分表示を見ないとわかりません。

避けた方がよい成分を覚えて、刺激の少ない無添加洗剤を選びましょう。

赤ちゃんにおすすめな無添加洗剤と使い方のコツ

赤ちゃんの手

赤ちゃんの大切な衣類には、天然素材や無添加こだわりぬいたドクターリセラcocochiaの「液体洗剤ステップ」がおすすめです。

純石けん成分で作った無添加洗剤は、ふわふわの洗い心地で、繊細な赤ちゃんの肌を優しく包み込みます。

液体タイプなので、洗剤が溶け残る心配もいりません。

泡切れがいいので、洗濯だけではなく食器洗い用としてもお使いいただけます。

赤ちゃんの衣類を洗濯する際は、生地が傷むのを防ぐため、必ずネットに入れて洗濯しましょう。

また、ミルクのシミやうんちの汚れは、時間が経つと落としにくくなるため、できるだけ早くバケツなどを使って洗うのがおすすめです。

うんちは水で、ミルクのしみはお湯で洗うことで、汚れが残らずきれいに落とせますよ。

その際には、地球環境にも優しいセスキ炭酸ソーダがおすすめです。

また、赤ちゃんの肌には黒カビはNG。

洗濯槽は黒カビが発生しやすいため

赤ちゃんの衣類の洗濯には優しい無添加洗剤を!

デリケートな赤ちゃんの肌には、肌に優しい成分で作った無添加洗濯洗剤を使うのが良いでしょう。

ただし、大人と赤ちゃんが洗濯洗剤の種類を変える場合、別々に洗濯しなくてはなりません。

そのため、家族みんなの洗濯洗剤を無添加のものに変えることで日々の洗濯の手間が減りますよ。

無添加洗剤とひと言で言っても商品によって使用成分は異なるので、成分表示を確認して刺激が多い成分が入っていないことを確認しましょう。

赤ちゃんの大切な衣類を、無添加洗剤でやさしく、しっかり洗い上げてくださいね。

SNSSHARE

この記事をシェアする

WRITER
マーケティング部副部長
松本 しのぶ
続きを見る

美容業界歴24年 2013年ドクターリセラ(株)入社。エステティシャン・広報勤務を経て、オウンドメディア【リセラテラス】を立ち上げる。プライベートでは3人のまご馬鹿グランマ。

関連記事