Language

メニューを閉じる
  • 奥迫 協子

寒いのにあったかい 3.11塾交流会

作家林真理子さんからのお声掛けから微力ながら理事として活動させて頂いている3.11塾
この週末は子供さんと保護者、支援者の方々との交流会でした^_^

3.11塾は震災で親をなくした子供達が夢を叶えられるよう震災直後から代表理事の三枝成彰さん林真理子さんはじめ有志の皆さんがはじめて以来、今年で12年。

母校の日大理事長に就任されて更に超多忙を極める林代表理事ですが、この日ばかりは子供達や保護者の方々との交流のひと時をどうしても作りたい!
っと、時間をやり繰りし、数時間の食事会のためだけに遠路はるばる来られ、ひとりひとりに声をかけるという愛の人。

コロナ禍もあってしばらく会わない内に成人してお酒を酌み交わすことも出来るようになった塾生や、
数年会わないうちに大きく成長してすっかり大人になって支援者のように子供達の世話を焼く塾生、
留学の時の体験を嬉しそうに話す塾生、
生まれたばかりに被災して今はピカピカの小学生になったばかりという塾生、
今の暮らしや家族のことや将来の夢をキラキラした笑顔で教えてくれる塾生達。。

ひとりひとりが夢を持って成長し、自立して行く姿が頼もしくて感慨深くて。。。
東北の秋、外は寒いけど私の心はほっこり温めてもらった氣がしてます。

これからも子供達の未来にたくさんの幸せが舞い降りますように。

リセラご愛用者さまから頂いたお役立ちがリセラポイントとなって子供達のこの笑顔にも繋がっていますこと、
心から感謝いたします。

〜これからも喜ばれお役に立つ製品作りを通して、サロン様やお客様と共に〜

SNSSHARE

この記事をシェアする

COLUMNIST
奥迫 協子
みこころ道
奥迫 協子
KYOKO OKUSAKO
続きを見る

静岡県浜松市出身。

中高一貫女子校に通うが中学2年で最愛の父が他界、以来奨学金とアルバイトで高校卒業後、銀行勤務を経て結婚、2児に恵まれるも30代でシングルマザーとなり補正下着店を経営。
自身の肌悩みにより倒産の危機に陥るが、「肌を改善出来、自分や大切な家族が使い続けられる」という観点から安全で結果の出る天然成分のみの無添加スキンケアを開発。
全国のエステサロンに営業に回る。またテレビショッピングにも出演し1日1億円の売上をも記録するが方向性に疑問を持ち辞退。 現在では全国のエステティシャンから「これがないと困るスキンケア」として支持を得るようになり、スキンケア開発過程で知った化粧品や洗剤などの人体や地球環境への影響や対策を伝え続けている。
今年は還暦の60才を迎え、孫5人を持った現在もノーファンデーションの肌でナチュラルに地球環境にも優しく生きる方法を等身大で伝えるみこころ道、美容会社の取締役としても活動中。

他のコラムニストを探す
奥迫 協子の記事
奥迫 協子の記事一覧へ