• 奥迫 哲也

ドクターリセラのこだわり

当社のラジオ番組「水のほほえみ☆ドクターリセラ」での、
私とアシスタントの桑原あずささんとの二人の対談を、書き起こししてご紹介します!

今回は【ドクターリセラの事業について】

音声でお聞きになりたい方は、
「水のほほえみ☆ドクターリセラ」ページでぜひご視聴ください!

 


 

奥迫
『こんばんは。ドクターリセラ株式会社社長の奥迫哲也です』

桑原さん
「パーソナリティの桑原あずさです。
水のほほえみドクターリセラということで、記念すべき第一回目でございます。」

奥迫
『ありがとうございます。』

 

ドクターリセラの事業について

桑原さん
「ドクターリセラの会社について、さまざまな事業をされているということなのですが、お話をお聞かせください。」

奥迫
『「リセラってどういう意味ですか?」とよく聞かれるのですが、リというのがリセット、リターン、リボーンのです。
セル細胞、細胞をリセットするということで、造語でリセラという風になっています。』

 

奥迫
『現在、会社自体が化粧品をメインにしているのですが、主に全国のエステティックサロン様に3000店舗ほど卸をしていまして、今子会社が7つほどあります。』

桑原さん
「そちらの子会社はどんな会社なんですか?」

奥迫
『7つあるのですが、1つがウェルネス・コーチ株式会社です。エニタイムフィットネスという24時間のフィットネスを今42店舗展開しています。

2つめが、ヒューマンウェルフェア株式会社です。きたえるーむという機能訓練専門のデイサービスを4店舗展開しています。

あと海外でDrGlobal株式会社という海外事業を行っています。タイ法人と香港法人も別にあるのですが、海外事業部からDrGlobal株式会社という会社なりました。

あと島根に、株式会社CONTIAというグループホームがあります。認知症の方を対象にしたグループホームひのきという施設を24時間体制で行っています。

あと農業生産法人で、りせらや養蜂園株式会社という、はちみつ養蜂の会社です。はちみつを作ったり、クワの生産や、米作りなど、農業生産法人がこちらも同じく、私の出身地の島根県にあります。

最後がリナーシェ株式会社といい、リナーシェとはイタリア語で蘇るという意味です。今は、新しい世代のエアコン「F-CON(エフコン)」を取り扱っています。「F-CON(エフコン)」は、風がないエアコン、音がないエアコンという全く新しいエアコンになります。』

 

桑原さん
「すごい。一個一個が壮大な事業ですね。」

奥迫
『そうですね。他にも完全なグループ会社ではないのですが、同じく新大阪の本社ビルに、みきなクリニックという、美容皮膚科のクリニックも運営してます。

それともう一つ、社会福祉法人江和会も同じく島根県にあり、うさぎ山こども園というこども園を行っています。』

 

桑原さん
「お化粧品を取り扱っている会社さんだと思っている方も多いと思うのですが、こんなに沢山の事業が・・・。」

奥迫
『そうですね。ドクターリセラの経営理念が美と健康と地球環境にをうたっているので、すべてそれに関係する事業です。

もちろん化粧品がメインではあるのですが、本体のドクターリセラでは「内からの健康」ということで、食品事業もやっていて、東大阪にセントラルキッチンがあります。
「安全な食」を、そこから冷凍でこだわりの美味しい商品を全国に配送しています。』

桑原さん
まさしく美と健康と地球環境にというところに徹底されているんですね。」

奥迫
『そうですね。』

 


 

桑原さん
「さあ、今週から始まった「水のほほえみ☆ドクターリセラ」ですが、こちらの番組では
、どのようなお話をされていきますか?」

奥迫
『そうですね。タイトルにもある水だけでも、沢山こだわりがあります。
さまざまな伝えたい想いがあるので、なかなか伝わりにくいところをラジオを通して、届けられたら嬉しいなと思っています。』

桑原さん
「ドクターリセラのこだわりを聞ける時間ということですね。」

奥迫
『そうですね』

桑原さん
「大変楽しみですね。ありがとうございます。
来週からも、よろしくお願いします。」

奥迫
『よろしくお願いします。』

 

他にも美容・健康・当社についてなど配信していますので、

気になる方はコチラから ⇒ 水のほほえみ☆ドクターリセラ

 

 

SNSSHARE

この記事をシェアする

COLUMNIST
奥迫 哲也
ドクターリセラ
代表取締役社長
奥迫 哲也
TETSUYA OKUSAKO
続きを見る

「全日本全身美容業協同組合」理事長
「財団法人 日本企業構造改革機構」理事

1964年、島根県江津市生まれ。
1993年、29歳で漢方薬局を開業。
1997年に株式会社シードとして事業拡大、
2000年にはエステティック事業部を発足させ、エステ業界に参入。
安全で結果が見える化粧品をコンセプトに自社製品の開発に取り組み、
2001年アクアヴィーナスシリーズ、2003年ADSシリーズ、
2017年Recella Divaシリーズ、2018年cocochiaシリーズを発表する。
製品は全国のエステサロン2875店舗(2018年8月末時点)を通じて販売し、業界初「これがないと困るスキンケア」調査開始以来全年連続1位にも選ばれる。また、「ベストアイテム」では3年連続受賞し、殿堂入りを果たす。

他のコラムニストを探す
奥迫 哲也の記事
奥迫 哲也の記事一覧へ