• 奥迫 協子

成長するその日まで

東北大震災で
親を失った子供達が夢を叶えられるようにと、震災直後に立ち上がった、
3・11塾震災孤児遺児の支援も10年。
http://www.311juku.jp/



先週末は、

立ち上げメンバーの作家 林真理子さん、
作曲家 三枝成彰さん達代表理事と共に
子供達と保護者さんとの交流に盛岡に。

小さかった子供達が、
支援者の大人と区別がつかないくらい
大きく成長している姿を目の当たりにし、
心が触れ合えるかけがえのない日。

後ろから私の肩をポンっと叩いて
「僕のこと、覚えてる?僕、いま、東京の寿司屋で働いてるよ」と水仕事で荒れた手を誇らしく見せてくれた青年。

大学に通いながらテレビ局でアルバイト、毎回お母さんとおばあちゃんと参加してくれる親孝行な青年。

他にも医者を目指している子。
ピアニストになりたい子。
留学を夢見ている子。。
女優になるために歯列矯正したい子。。。

親を失ったことで、
夢を諦めないで進めるように、
学費支援や就職先の紹介など。、

子供達が成人するまで継続すると決めて、
子供達に寄り添い、保護者の方々の相談に寄り添う三枝さんや林真理子さんはじめ理事や支援者、事務局方々の笑顔は、
穏やかで美しく、
そんな大人を子供達はちゃんと見ています。



「大きくなったら、こんなカッコいい大人になって、人を助けたいです」
こんな言葉のプレゼント。

大切な家族を失った心の痛みは消えることはないけれど、
同じ景色を見た子供達同士で、親は理事達と久しぶりの親交を深める場面etc。。。

穏やかな秋晴れの牧場での交流会は、
まるで仲良しの親戚の集まりのようなあったかい一日でした。

 

youtubeでも美容情報をお届けしています!

SNSSHARE

この記事をシェアする

COLUMNIST
奥迫 協子
みこころ道
奥迫 協子
KYOKO OKUSAKO
続きを見る

静岡県浜松市出身。

中高一貫女子校に通うが中学2年で最愛の父が他界、以来奨学金とアルバイトで高校卒業後、銀行勤務を経て結婚、2児に恵まれるも30代でシングルマザーとなり補正下着店を経営。
自身の肌悩みにより倒産の危機に陥るが、「肌を改善出来、自分や大切な家族が使い続けられる」という観点から安全で結果の出る天然成分のみの無添加スキンケアを開発。
全国のエステサロンに営業に回る。またテレビショッピングにも出演し1日1億円の売上をも記録するが方向性に疑問を持ち辞退。 現在では全国のエステティシャンから「これがないと困るスキンケア」として支持を得るようになり、スキンケア開発過程で知った化粧品や洗剤などの人体や地球環境への影響や対策を伝え続けている。
今年は還暦の60才を迎え、孫5人を持った現在もノーファンデーションの肌でナチュラルに地球環境にも優しく生きる方法を等身大で伝えるみこころ道、美容会社の取締役としても活動中。

他のコラムニストを探す
奥迫 協子の記事
奥迫 協子の記事一覧へ