WELCOME
 
このたびはアクセスいただきありがとうございます。 お探しの内容へご案内いたします。


 
サロンに通われているお客様
製品紹介
ご相談はこちら
通信販売でご愛用のお客様
製品紹介
ご相談はこちら
サロンに通い通信販売でもご購入のお客様

サロン製品紹介

ご相談

通信販売製品紹介
ご相談
 



 
食品をお探しのお客様

製品紹介
エステティックサロン関係の方

新規お取り扱いご希望の方
ご契約サロン様
フェイシャル技術・知識・
マナー習得希望のお客様

講習会紹介
リセラアカデミー
 


 

会社概要・採用

会社概要  関連事業
採用:新卒 キャリア

リセラテラス

当社関係者
多数執筆のポータルサイト

メディア関係の方

プレスリリース

 

紫外線ダメージ、
トラブルになる前に

みなさんは夏に受けた肌ダメージを、どのようにケアされていますか?
現代では、夏から秋にかけて起こる肌トラブルの三大要因は「紫外線」「汗」「冷房」と言われています。
今回は特に大きな要因でもある「紫外線」ダメージに対するケア方法をお話いたします。

 

紫外線を浴びることにより、皮膚が赤くなる“サンバーン”とその後黒くなる“サンタン”を起こすことを日焼けといいます。
紫外線の中でも肌トラブルの原因となるものは、UV-AUV-Bの2種類があります。

 

サンバーンとは紫外線を長時間浴びた後、肌が赤くなりヒリヒリするなど、肌がヤケドをおこしている状態のこと。
これが肌トラブルにつながる原因に。

 

紫外線がメラノサイトを刺激し、メラニンを放出させ色素沈着を起こすこと。
本来、肌を守るためのメラニンですが、ケアを怠るとシミをつくる原因に。
さらには、弾力のもととなるのエラスチンを傷つけ、シワやたるみの原因に。

 

 

 

 

日焼けを感じたらすぐに肌を冷やしましょう。
近年の紫外線は強く、こまめにUVケアをしていても100%の紫外線ブロックは難しいもの。家に帰って「焼けたかな?」と思ったときは、
すぐに冷やすケアをしましょう。

 

刺激の少ないジェルなどで保湿を行いましょう。
日焼けによって肌のバリア機能が低下すると、水分保持が上手くできなくなり乾燥してしまいがち。日焼け後は、刺激にならない保湿剤で人工的にバリア機能を作ってあげましょう。

 

常温の水でたっぷり水分を補給しましょう。
日焼け直後は、肌だけでなく体の水分やミネラルも失われてしまいがち。
冷たい水は胃の負担になるので、常温の水がおすすめです。

 

 

夏の強い紫外線は、どんなに守っても少なからずダメージは受けてしまいます。紫外線ダメージを早くケアするのとしないのとでは、
5 年後・1 0 年後の肌に大きく差がでてきます。夏のダメージケアを日常に取り入れ、未来のために今からケアを始めませんか?