WELCOME
 
このたびはアクセスいただきありがとうございます。 お探しの内容へご案内いたします。


 
サロンに通われているお客様
製品紹介
ご相談はこちら
通信販売でご愛用のお客様
製品紹介
ご相談はこちら
サロンに通い通信販売でもご購入のお客様

サロン製品紹介

ご相談

通信販売製品紹介
ご相談
 



 
食品をお探しのお客様

製品紹介
エステティックサロン関係の方

新規お取り扱いご希望の方
ご契約サロン様
フェイシャル技術・知識・
マナー習得希望のお客様

講習会紹介
リセラアカデミー
 


 

会社概要・採用

会社概要  関連事業
採用:新卒 キャリア

リセラテラス

当社関係者
多数執筆のポータルサイト

メディア関係の方

プレスリリース

 

夏でもキレイを保つには?

近年、猛暑とよばれる日本の夏。このような季節は毛穴が開き、汗や皮脂が出やすくなります。そのため、日中のメイク崩れが気になる方も多いはず。基本のケアを徹底し、夏でも日中の”キレイ”を保てるように、季節に合わせた対策・ケアを行いましょう!

 

外出時、できるだけメイク崩れを防ぎたい。そんな時は、普段のケアにひと工夫を加えてみましょう。
ポイントは皮脂を出しすぎないよう、コントロールすること!

 

クレンジング・洗顔は、肌の粗熱がとれてから行いましょう。
お風呂上りなど、肌に熱をもっていると皮脂が出やすくなります。
体温より低いぬるま湯、または水で洗い流しましょう。

その後の皮脂や汗が出にくくなり、メイクの持ちが良くなります。

 

メイク崩れを起こしやすいところは特に、保湿をしっかり行いましょう。
実は、肌の内側の乾燥が原因で余計に皮脂が出やすくなります。
保湿力が高く、さらりとした美容液でのケアがメイク崩れを防ぎます。

※ADS使用中の方は担当エステティシャンとの相談の上、ご使用ください。

 

メイクをして1 日疲れた肌はトラブルが起こりやすい状態です。
汗や皮脂、メイク汚れをしっかり落としましょう。
毎日のスキンケアをより丁寧に行うことで、肌は大きく変わります。

基本を見直し、美肌を目指しましょう!
その後、栄養補給と保湿をすることで、翌日のメイクのノリが変わります。

 

    

①たっぷりの量で(500円玉2個分くらい)肌への負担を軽減しましょう。


②まんべんなく塗布し、肌が動かないくらいにゆっくりやさしく動かします。

   check!  指だけでなく手全体で行いましょう。

③人肌温度よりも少し低い”32℃”くらいのぬるま湯でやさしくすすぎ、キレイなやわらかいタオルでやさしく抑えるようにして水分をとりましょう。

  

①しっかり泡立てましょう。
りんご1個分の泡で汚れをしっかり吸着させます。


②手の平が肌につかないように泡を転がすメージで洗顔しましょう。

③人肌温度よりも少し低い”32℃”くらいのぬるま湯でやさしくすすぎ、
キレイなやわらかいタオルでやさしく抑えるようにして水分をとりましょう。

汗や皮脂が多くなるこの季節。前日のケアが不十分なことで、次の日の肌環境に悪影響を与えることにもつながります。その日の皮脂やメイクはその日のうちに洗い流すことで、翌日のメイクのノリも変わってきます。毎日の“キレイ”のために、丁寧なケアを心がけていきましょう!!